FC2ブログ

島津義弘、中馬大蔵をかばう・いい話

2009年05月17日 00:15

635 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/16(土) 11:37:49 ID:N7hk9jpK
上で島津義弘と中馬大蔵の話があったので、別の逸話を投下。

島津の中馬大蔵重方が家に帰ってみると、嫁や娘が泣いていた。
こりゃどうしたことだと尋ねてみると、年の暮れなのに今夜炊く米もないと。
この言葉に中馬大蔵が一言。

「そんな事で泣くやつがあるか。都合してくる」

と、言って、向った先は、百姓が藩の米蔵に米を納めに行く道。
何と中馬、その道に立ちふさがって、来る百姓に
「これから後の米は自分が殿様から貰ったから、自分の家に運べ」
と、言ってのけた。無論、百姓衆は信じないのだが、
断ったら切り捨てられる雰囲気だったので、言われた通りに。
中馬は、それらの米を、家の倉に入れさせ、縁に積み上げさせ、
屋根裏にまで入れさせた後、焼酎を買って、百姓に充分に振舞った。

さて、収まらないのは藩の役人達。早速中馬の所に行って、米を返すよう抗議するのだが

「拙者は戦場においてはいつも一番槍、一番首を欠かさない代わりに、
米は殿様に預けていると思って貧乏に甘んじている。
 飯米がなくなったので、今日は預けていた米を返してもらっただけ」

と、全く悪びれた様子も見せない。とうとう中馬に切腹をさせようと老臣達が評議した所、
義弘が一言。

「中馬はしょうがない暴れ者だが、戦場では最も重要な所で活躍する剛の者で、
巧妙手柄は数え切れない。
 それほどの者を貧乏にしているのは自分の罪だから、自分が謝るので許してほしい」

と、涙を零して詫び、結局不問になった。
家来思いの島津義弘の良い話とすべきか、中馬大蔵の悪い話とすべきか迷ってしまう逸話である。




649 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/16(土) 23:15:09 ID:KSJibq/C
>635葉隠にもあったねえ。
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-612.html

 そろばん勘定の才覚はないけど、強剛のもののふで主君から目を掛けられている
武士のテンプレなのかもね。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2056-abded8c6
    この記事へのトラックバック