FC2ブログ

堀尾吉晴の国持ち大名の心構え・いい話

2009年05月22日 00:07

798 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/21(木) 21:04:18 ID:FH0syF+5
堀尾吉晴の国持ち大名の心構え。

豊臣三中老の一人にして、「仏の茂助」として評判の良かった堀尾吉晴は、浪人の再就職の斡旋
を図る事が多かったのだが、彼は国持ち大名の心得として次の言葉を残している。

「諸大名家において優れた勇士が浪人したと聞いた時は、直に扶持を与え、
所領が減る事を惜しんではいけない。
 何故ならば、良将を得なければ戦に勝つ事はできず、大きな武功も立てられないからだ。
 国持ち大名が、所領が減るからと言って良将を取り立てるのに消極的なのは、
与えられている碌を盗むに等しい」

加藤光泰のように、抱えすぎて破産と言う例もあるけど、織豊期の大名って、
多かれ少なかれこういうような論理が根底にあったのかねぇ?





スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2092-34db6bf9
    この記事へのトラックバック