FC2ブログ

夏目正吉、三方が原の戦いにて・いい話

2009年05月30日 00:10

54 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/05/28(木) 23:40:00 ID:GvCW6SNh
>>20を見て思ったけど、このスレでは三方が原での
夏目吉信の身代わりエピソードはまだ出てないんだっけか?
あれ自体物凄くいい話だと思うし、はじめて聞いた時は思わず涙してしまったんだが。

76 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 19:18:26 ID:sxIB3PJ4
>>54
夏目正吉単体の話を詳しく
概要はしってるんだが詳しく知りたい





79 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 20:02:37 ID:+efwIugk
>>76
三方が原の戦いにて

武田軍の猛攻の前に総崩れとなった徳川勢

家康もわずかな供周りとともに敗走していた。
そこに現れたのが夏目正吉であった。
正吉は浜松城の留守居役であったのだが、味方の敗報を聞くや、
わずかな手勢と共に駆けつけたのだった。

正吉は家康に退却するよう進言したが、家康は聞かず、
「ここで自分一人生き残る事はできない」
と討死覚悟で追手に向かおうとする有様であった。

正吉は家康を睨みつけ、
「そのような心根は、まるで木端武者ではありませぬか」
「最早遠慮いたさぬ。これからはそれがしがお館を名乗りまする」

と言うやいなや、家康の馬の首を浜松城の方に向け、馬の尻を槍で突いた。

馬が浜松城目がけて一目散に駆け去るのを見届けると、
正吉は「我こそは徳川三河守家康なり、我と思う者は参るがよい」
と大音声で呼ばわり、槍を振るって瞬く間に2騎を突き落とした。
そして、引き連れてきたわずかな手勢と共に追手に向かって斬り込んでいった。

奮戦空しく、正吉以下正吉の手勢は残らず討死したという。

しかし、彼らの決死の戦いが功を奏し、家康は九死に一生を得て、
浜松城に帰還する事ができたのである。

こんな感じ





80 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 20:51:50 ID:sxIB3PJ4
>>79
おおwサンクスw
たしか夏目正吉って三河一向一揆で一向宗側にいたんだよなw


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    おお、これ有名な話だけど誰がやったのか知らなかったw
    夏目正吉だったのかー。

  2. 人間七七四年 | URL | B7q/.fmY

    夏目正吉って誰だ?吉信じゃないの?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    同一人物だから問題なし
    Wikipediaは正吉ではかからないけど

  4. 人間七七四年 | URL | B7q/.fmY

    そうだったのか。
    無知ですまん

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2151-2b2b857c
この記事へのトラックバック