FC2ブログ

曽呂利新左衛門『米のように」・いい話

2009年06月18日 00:08

541 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/17(水) 20:11:05 ID:gDHAgPxV
新聞の日曜版のコラムに紹介されてた話

噺家の元祖と謳われる、豊臣秀吉のお伽衆・曽呂利新左衛門
秀吉に気に入られ、ことのほか寵愛された
ある日、秀吉の側近達はその秘訣を知りたがり、新左衛門に尋ねた
新左衛門は次のように答えたという

「飯にはこれといって味があるわけではありません。一方、菓子は甘くてうまいものです
では、飯を食わずに菓子だけ食っていられるかといえば、それは飽きますね
同じことで、主君に甘言でへつらっていても、いずれは飽きられるのです
甘い菓子は飽きる、一方の飯はいつでもうまい
甘言で主君に取り入ろうというのは、大きな了見違いなんですよ
米のように、退屈もせず、気遣いもない、そういうものを目指しなされ」

「主君の寵愛などというものは、長続きしないのです
こびずへつらわず、まっすぐの心で奉公なさいませ
ほかに、これといって伝授もヘチマもございませんな」




542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/17(水) 21:17:39 ID:EG0KfBCe
新左衛門さんといえばアニメの一休さんでも>>541の話があったな。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2255-7c52b7e5
    この記事へのトラックバック