FC2ブログ

仙石秀久、秀忠の遅陣に

2009年06月23日 00:03

654 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 11:00:33 ID:VGJsDpNO
じゃあ、こんな話

関ヶ原の戦いに遅れた徳川秀忠は家康の怒りを買い、目通りすら許されなかった。
この時、小諸六万石の領主として秀忠についていた仙石秀久が、家康の前に進み出た。

「確かに決戦は終わっており、今さらそれについては、何も申しません。
しかし、もし西軍の意気が盛んで、戦いが拮抗した場合、秀忠様があとから到着、
と聞けば、西軍の士気と戦いの行方に、重大な影響を与えたでしょう。
その後なら、真田など使者を送るだけで降伏します。
それがし、『小事に拘り大事を忘るるは名将の為さざる所』と聞いております。
恐れながら、今の秀忠様の処置は間違っておられる。」

家康は秀久の直言を褒め、他の者の取り成しもあり、秀忠と対面した。
秀忠も「秀久が忠義、忘るること無し。」と言ってこれを喜び、将軍となった後も
秀久が小諸から江戸に来ると、必ず使者を板橋まで送り、出迎えた。

何年かのち、土井利勝が秀久のもとにやって来た。
「貴殿、末子を両御所(家康・秀忠)のどちらにも目通りさせておらぬとか。
拝謁させて、ご子息の栄達を図りなされ。」
秀久は答えた。
「それがし、未だ両御所の厚恩を返せず、嫡子・忠政も別に恩を賜っております。
どうしてこの上、末子まで拝謁などできましょう。」
「なるほど、良いお心がけです。しかし、今回は上様の御意ゆえ、お請けあれ。」

利勝の説得により、秀久の末子は旗本として取立てられた。

ソースが言行録なんでアレだけど
ひいき目に見れば関ヶ原における秀忠の兵力温存説はここからかなーという話と、
大失敗して自重をおぼえたゴンベ、という話。





655 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 11:27:40 ID:lv2YmXTd
仙石か。槍働きだけやらせておけば後世に勇名を残せただろうな。


656 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 11:53:25 ID:zpRR/UiR
戸次川では負けただけでなくその後とんづらこいたからなあ

657 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 12:02:29 ID:xTTShLvQ
>>654
秀忠取りなした話は榊原康正の方にもあるからなあ


658 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 12:43:37 ID:zpRR/UiR
つまりあれだ、「みんな」が執り成したので許してあげたんだな
ゴンベも康政もその他諸々みんなで許してあげなよといったからと

659 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 13:29:22 ID:uOk7YK1h
>>654
ここでも土井利勝の言葉の魔術師ぶりが光ってるなw

660 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 13:34:35 ID:G+vOLpdD
タラレバーで説得されても説得力がない

661 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 17:49:39 ID:JDSOjtdY
家久   ∧
      ('∀`)  (鱈レバー…毒殺に使えそうだお…)
     ノヽノヽ
       くく

662 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 21:56:42 ID:pqSbWZhx
やっぱり槍働きと胡麻すりしか記録に残ってないゴンベさんであった

663 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 23:09:00 ID:xYd1jLGV
ゴンベの子息ってちょっと波乱人生
・長男が盲目
・後継者と決めた秀範が関が原で西軍につき(廃嫡)、大坂の役では豊臣方に
・後を継いだ忠政、小諸城主から上田城主へ

666 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/23(火) 00:32:28 ID:QTPQTDMv
>>663
豊臣家臣として節義を全うしたのは秀範の方だな
親父の方もまあ徳川に恩義があったのだろうけど

667 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/23(火) 05:09:21 ID:L/A2U3QR
仙石は貴重な関西の蕎麦名産地を作ってくれた一族w


スポンサーサイト





コメント

  1. 天池治彦 | URL | -

    「無」を悟った武将 仙石秀久

    仙石秀久は地獄を味わいしかし凄い精神とパフォーマンス・戦合戦上手で見事に大名に復活した武将である。旗に「無」をたてたのは仙石秀久のみで鎧にも鈴をつけて音がわざと出るようにし、敵を自分にくるようにして虎口を占拠した。そうとう浪人で人間の本質を見極めたのだろう。大名に返り咲いたあとはしたたかにもなり奥方本陽院の内助の功もあったのだろう。高く評価して祈る。アーメン[太字]太字の文

  2. 天池治彦 | URL | -

    岸勘解由信周について

    これも戦国の忠義心厚い武将。一度調査してみて下さい。

  3. 333 | URL | Qu.O31e.

    >仙石は貴重な関西の蕎麦名産地を作ってくれた一族w

    信州から引っ越すときに蕎麦に関する技術も持ってきたので
    名物出石そばの恩人

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2284-c4118c82
この記事へのトラックバック