FC2ブログ

秀吉、新納忠元に

2009年06月28日 00:05

837 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 20:46:24 ID:MOoY7jOw
秀吉が島津義久を下した後のこと。

秀吉は島津家臣の新納忠元と会った。秀吉は忠元に
「まだわしと戦いたいかね?」
と質問すると忠元は
「我が主君と敵対なさるならば何度でもお相手しましょう。」
と言った。

秀吉は
「さすが勇士であるな。」
と言って着けていた陣羽織を忠元に授けた。受け取った忠元が
下がろうとすると・・・
「待て。まだやる物が残っておる。」
秀吉は白刃の長刀の首もとを掴んで、石突の方を出して授けた。
この状態なら、忠元が殺ろうと思えば秀吉を刺すことができる。
しかし秀吉の豪胆な振る舞いに、忠元は身震いしながら受け取ること
しか出来なかった。

その後、帰宅した忠元に若侍たちが会見はどうでしたかと聞いてきた。
これに忠元は
「・・・俺が刃向かえるような御仁ではなかった。さすがの俺も腰が抜けたわ。」
と答えたという。




838 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 20:58:29 ID:TLN5qwiH
まあその割に太閤検地が始まっては反乱を勧め
歳久処罰と聞いては反乱を勧めるんですがねw

839 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 21:01:32 ID:/RGWkIuE
ラスボスのすることといったら
刃が潰してあったら面白いんだが

840 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 21:05:57 ID:z27LfoEp
>>838
そりゃあ、新納さんは刃を向ける者じゃなくて、その者が持つ、相手に向けられる刃の方だからな。



関連
南の方の武蔵、新納忠元・悪い話
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-688.html

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2324-fcba0f3c
    この記事へのトラックバック