FC2ブログ

佐竹義重の宿老、和田昭為の変転

2009年06月29日 00:05

757 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 01:21:42 ID:GI1oQLto
佐竹義重の宿老に和田昭為という者がいた
ある日、佐竹と激しく抗争していた会津蘆名家から、和田屋敷に使者が遣わされた
和睦の使者だったが、条件が悪く昭為は独断で拒否した

ところが、これを察知した重臣の車丹波守は、昭為の内通を疑った
丹波がこのように上申したため、義重も昭為を猜疑し、和田家討伐を指図した
昭為自身は間一髪出奔したが、息子三人は上意討ちで殺された

出国した昭為は蘆名重臣の佐瀬源兵衛を頼った
しかし、「下位に置くわけにもゆかず、かといって上位に置けば蘆名の歴々が納得すまい」
と語るのを聞き、早々に見切りをつけて再度出奔
今度は南陸奥の白河義親を頼った
義親は昭為の境遇に同情し、またその計略の見事さから重用した
白河重臣となった昭為は、常々佐竹への復仇を口にし、義親にその策を話してもいた
ついに義親もその気になり、佐竹領へ軍勢を率いて打って出た

が、結果はこてんぱんに負けた
侵攻した義親を、東義久が迎え撃ち、さらに背後では昭為が反義親勢力を蜂起させたのだ
そう、昭為は佐竹への復帰のため、すべてを義久に内報していたのである
この敗戦で義親は佐竹に膝を屈し、昭為は宿老として返り咲いた

なんだか色々とおそろしい話





758 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 01:28:00 ID:+01SrhGo
これぞ虚虚実実の戦国時代、って感じの話ですなあ。

759 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 01:30:16 ID:a/KKa78c
>>757
息子と一族が殺されてるのに出戻りしたいという気持ちとはどんなものなんだろうな

760 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 01:32:10 ID:8FHbrQqd
忠義・・・なのかな?

761 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 01:38:01 ID:epOWrp0B
それだけ「先祖代々の我が土地」への執着が強かったんでしょうこの時代の武士は

762 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 01:52:32 ID:4HL11caA
さすがに息子殺されてるの知ってれば疑わないよなぁ

763 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/06/28(日) 02:02:39 ID:Ifb/F+VP
直家さん家でも似たような話あったよな
あっちは全て台本通りって感じだったけど

764 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 02:14:37 ID:+01SrhGo
たしか義重が、蘆名への内通は誤解だってことに気がついて、昭為に書状で謝ったって
話じゃなかったかな?それで復帰の手土産として、義重に作戦内容を知らせたとか何とか。

765 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 03:13:17 ID:lYn4SFtr
>>752
謙信じゃなくて信玄に対抗してじゃなかったっけ?

766 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 04:28:02 ID:l4f06QhF
子はまた生めばいい的な発想もあったろうさ
子供は最大のライバルになりえることだってあるし
男親は腹痛めて子供産むわけじゃないからな

767 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 05:25:28 ID:dYaX0pPn
乳幼児死亡率が今よりも遥かに高かったし、
滅多なことでは子供が死なない今とでは親子の愛情や距離感も違うのだろうね
もっとも、長宗我部元親は子供亡くして鬱病になっちゃったけど

768 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 11:28:19 ID:epOWrp0B
>>767
むしろその方が、子供に対する執着は強まると思うが

769 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 12:25:38 ID:OU016/pP
一夫多妻制じゃあ、お気に入りの女から生まれた子供だけ可愛がる様になるんじゃないの。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2332-8cfc1075
    この記事へのトラックバック