FC2ブログ

尼子家家宝の銘刀・荒身国行と大西十兵衛

2009年06月29日 00:09

867 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 19:51:37 ID:Kk9fETwV
永禄9年。武運つたなく、尼子義久は毛利に敗れた。
重臣らと共に毛利に下り、幽閉されることになったのだ。

義久は尼子家家宝の銘刀・荒身国行(頼国行)を毛利から隠した。
国は取られても家は取られたくないと、必死だったのかも知れない。
しかし天正16年。ついに刀の在処が発覚する。
輝元「家宝が欲しい」
義久「何のことですかな」
輝元「国行を隠し持ってるのを知っている。それを譲って欲しい」
義久「な、なぜ今更」
輝元「太閤に献上するのに、一番適しているのが国行だからだ。
   尼子の家宝というのも箔がつく」
義久「そんな理由で…」
輝元「譲って欲しい。幽閉されている義久には、刀は必要ないだろう」
義久「……。わかりました。私を生かすも殺すも毛利次第。
   刃向かうことなど出来ません。お譲りいたします。
   その代わり、貴方に家宝を教えた者の名を、聞いてよろしいですかな」
輝元「ふむ。家老の大西十兵衛だ。よい家臣をお持ちだな」
義久(嫌みか)
義久は輝元に家宝を取られ、憤った。
16年。懸命に隠してきた家宝が、家臣の告げ口で
簡単に取り上げられたのだから、それも当然である。
しかも天下人への媚びとして使うのだから、悔しさはひとしおだ。
そして、義久は刀を握った。
乱心であるを理由に、尼子家家老である大西十兵衛を切り捨てたのである。
もちろん、本当に理由は輝元に家宝の存在を洩らしたことなのは、明白な事実だった。

翌17年。ついに義久の幽閉は解かれる。
そして人質から客将へ立場が変わった。そんなあるとき、義久は刀の件について知ることになる。
輝元「今だから言えるが、十兵衛が家宝のことを告げ口したのは、義久のことを思ってのことなのだ」
義久「どういう事ですか」
輝元「家宝の在処を教えるから、そなたの幽閉を解いて欲しいと、大西は私に掛け合ってきたのだ」
義久は驚いた。
裏切られ続けた義久の人生にも、忠義の臣は居たのだ。
義久は十兵衛の忠義に感謝し、
その嫡孫・新四郎に大西家を継がせるとともに大西家を手厚く遇するのだった。


余談になるのだが、家宝である国行は、太閤の手から今度は大谷吉継に下賜されたそうな。







868 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 19:52:27 ID:Kk9fETwV
やる夫口調が書けなかった。すまん

871 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 19:58:07 ID:+01SrhGo
>>867
なんというか、切ない話だね。
忠義の形は難しい。

872 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 20:19:22 ID:CpoRSVav
義久は宇山もやっちゃってるから微妙だなあ。
ていうか裏切りは全部毛利発端じゃないかw

873 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 20:23:48 ID:hSDVW8B5

>>868
そんな縛りねぇよw
しかしどちらかと言うと早とちりしてしまった義久の悪い話では…
輝元が煽ったとはいえ

875 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 20:36:00 ID:VSuGXJVv
いずれにしろ、大西の行為は裏切りだし、覚悟の上ではなかったかと思う

それから、宇山の死は家中の内紛が結構複雑にあった末のようなんで、
一概に義久個人の過ちとも・・


スポンサーサイト





コメント

  1. 人生無骨 | URL | 1zy/x5P2

    大西さんは対毛利戦で活躍した人で、最後まで裏切らなかった。その忠義をたかが刀一本で忘れた、というのはどう見ても義久の悪い話。
    幽閉されていて”最後の意地”と偏執的になっていたのか、とも思うが宇山の事もあるし、どうも器量じゃあなかったんじゃないかと。
    同情すべき余地はあるにせよ。

  2. 名無しさん@お腹いっぱい。 | URL | -

    つーかTERUさん、大西の名前出さなくても良かったんじゃ…
    言わなかったら言わなかったで
    疑心暗鬼になった義久さんがNADEGIRIしちゃったかもか?

  3. 人間七七四年 | URL | Aszvn8R.

    大西さん対大内戦の頃から活躍してるみたいだからこの時80近いし
    死を覚悟の上での最後の奉公のつもりなんじゃないかなぁ

  4. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    まあ主君に根回しもなくやっちゃったから、覚悟の上でのご奉公かも

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2334-8bca1928
この記事へのトラックバック