FC2ブログ

稚児ヶ墓山、花折山。

2009年07月14日 00:02

371 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/13(月) 19:37:40 ID:wXVKAN6E
“稚児ヶ墓山”(ちごがはかやま)
1579年、信長に敵対した三木の別所氏に味方したこの地域の豪族や、
丹生山明要寺などは、秀吉の軍団の激しい攻撃にさらされた。
戦闘で明要寺から北東の尾根づたいに帝釈山の東まで逃げてきた大勢の稚児達が、
この山で秀吉方の武士に切り殺されたためこのように呼ばれるようになった。

“花折山” (はなおれやま)
村人が墓に供える花を手折った稚児ヶ墓山の東の峰が花折山と呼ばれるようになった。






スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2431-e55c7c6e
    この記事へのトラックバック