FC2ブログ

尼子経久、とある男の顛末

2009年07月21日 00:02

670 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/20(月) 17:38:53 ID:B7AtPWZ0
とある男の顛末


鏡山城合戦の時のことであった。雲州の狼こと尼子経久は安芸国内の大内勢を排除すべく、
鏡山城を攻めこんだ。
当時の毛利家当主幸松丸の後見人をつとていた毛利元就は
幸松丸といっしょに尼子軍に従軍していた。
元就は己の智謀で城主蔵田信房の叔父蔵田直信を籠落、城内へ侵入することができた。
その後城は落城蔵田信房は自刃した。
だが経久は無断で調略した元就も許さず、甥を裏切り元就に助命と
領土安堵を約束させた蔵田直信は経久に首をはねられた。
この時元就の謀略を見破ったの経久一人だけであった。




671 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/20(月) 18:45:58 ID:ZEomPvcS
大河ドラマでこの話まんまで見たな。首をはねる緒形拳、無茶苦茶怖かった。

672 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/20(月) 19:03:38 ID:cVBhlrFl
あのシーン良かったよな。
もの凄い迫力だった。
俺あれで尼子について興味持ったもん。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2488-1cec7827
    この記事へのトラックバック