FC2ブログ

加藤清正、稲富一夢に扶持した理由

2009年07月22日 00:14

664 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/20(月) 23:58:31 ID:PIps6Sog
加藤清正は砲術士として名を馳せた稲富一夢に扶持を与えて
家臣に砲術を教えさせることにした…のだがいつまでたっても
一夢は呼び出されない。家臣も訓練をしていない。おかしいぞ
と思った家臣たちは思い切って清正に聞いてみた。すると、

「ああ、そのことね。いいか、戦は魂でするんだ。砲術の技術
なんてはっきり言ってどうでもいいんだよ。まあしかし、加藤家
の人間が名人に教わったとなれば人は俺たちを恐れるからな。
つまり噂が広まりさえすれば、あとはどうでもいいの。」

と清正は答えたいう。




665 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/21(火) 00:47:28 ID:Pcn9YpsK
>>664
稲富さん自身は・・・ニート?

666 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/21(火) 00:48:22 ID:zrRe11+V
むしろサラリーシーフ

668 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/21(火) 01:13:31 ID:l7JcMtS7
>>666
ネームをレンタルしてるからサラリーシーフじゃないと思う

669 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/21(火) 01:29:00 ID:2sO6QeaZ
むしろ広告塔になってるから、そこらのサラリーマン(武士)よりよっぽど役に立ってるのでは。


スポンサーサイト





コメント

  1. リョアン・デ・ニーロ | URL | -

    670は『天正20年(1592)4月、朝鮮へ向かう島津義弘への餞別の和歌』の方では?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    「ガラシャを見捨てた」と怒りまくりのDQN忠興に「奉公構え」されて、どこにも仕官できなかったはずだが?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    この話、海音寺さんの本だと、稲富一夢と清正が会った時に、若衆入門を取り付けただけになってた。
    稲富先生は雇用されてないなあ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2501-71ae3c56
この記事へのトラックバック