FC2ブログ

将軍家が藤堂高虎を気遣う理由

2009年07月26日 00:13

784 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/24(金) 23:01:42 ID:owSaytLd
晩年の藤堂高虎は目が見えなくなってしまう。そこで高虎を気遣った
将軍秀忠は江戸城の曲がった通路を真っ直ぐにした。

高虎は秀忠が寄こした使者からその事を知らされた。
「貴方の目が不自由なので廊下を真っ直ぐにした。もし、まだ私に教えてくれる
事があるのなら気安く訪ねてくれないか。難儀することなく私の部屋まで来ることが
できるだろう、と上様は仰せです。」

高虎は感激して涙を流した。側の者はなぜ秀忠がここまでするのか不思議だった。
「将軍家はなぜここまで貴方を気遣うのでしょう。私にはわかりません。」

「さあ、わしも特別なにかやった覚えはない。だが、わしは誰よりも早く
江戸城に上がった。そして帰るときは誰よりも遅かった。秀忠様はそれを
評価しておられるのかもしれぬ。」
そう高虎は答えた。




785 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/07/24(金) 23:27:24 ID:ZJh1LfGj
忠義の武士なのに不義の代表格みたいに言われる高虎さんが気の毒だけど大好きです。

786 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/24(金) 23:28:25 ID:eWQ0pMHz
将軍からの身に覚えの無い好意にビクビクする側近かわええ

787 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/24(金) 23:44:14 ID:9yz9P5gO
自分の読んだのは
戦国武将大好きっ子の
家光が真っ直ぐにしたという話だった

788 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/25(土) 00:18:34 ID:zIGOQ+NR
まっすぐにしとかないと、面子を気にする直情径行な武将が直進行軍してくるかもしれないからねw
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2405.html

789 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/25(土) 01:37:16 ID:hBP4YUvh
和泉ちゃんかわいいよ和泉ちゃん


791 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/07/25(土) 02:16:52 ID:dLtEYZAq
てか高虎って、滅私奉公だったよな。


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これって秀吉あたりもしてなかったっけ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    その気遣いを、
    息子たちにも向けてあげてよ二代目!

  3. 人間七七四年 | URL | -

    息子達への態度は家康のせいでもあるのじゃないかな?
    家光は待望の嫡子だけど、武士の習いで夫婦で育てられないし。

    その反動での忠長への偏愛だろうし。かと思えば忠長もちょっとアレ風味(逸話では)だし。家康へは文句言えないだろうし、家康が斡旋した春日局へも良い感情は行かないでしょうね。挙句の果てにお江も怖くて、隠し子になるし。

    多分、配慮したくても出来ない状況があったのでしょう。
    人が良いだけに、何か秀忠が可哀そうにもなって来た・・・。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    気遣いしたら甘やかすことになるんじゃね?
    あと別に忠長に偏愛なんてしてないし
    お江は家光が20歳になるまで、健康祈願している普通に良いお母さんなんだがな
    お江が病気だと知ったら、すぐに帰ってきたり
    死後は火葬という金も手間もかかるおおがかりな葬儀あげていることから
    これを見ても、この夫婦は普通に仲良かったようにみえるが
    春日局は時々お江の名代として色々と頼まれているから
    実際はそんな仲悪くなかったんじゃないかな 春日局の数々の逸話もほとんど嘘だと言われているし

  5. 人間七七四年 | URL | -

    秀忠って本っっっ当人格者だったんだなあ( ;∀;)イイハナシダナー

  6. 人間七七四年 | URL | m.2.LkcQ

    夏の陣で木村・長曽我部の将軍本陣への特攻を防げたのは高虎の自軍全滅覚悟の防衛あればこそ、だからだろ。
    秀忠の身辺警護担当してた柳生但馬が何人か敵兵を切り殺したぐらい接近されたんだからな。
    他家の記録にも『藤堂家で役に立つ人、皆死に候』って書かれてるし、仁右衛門もこの時戦死したんだったろ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2526-0f1aad00
この記事へのトラックバック