FC2ブログ

柳生十兵衛・敵役との意外な親戚関係

2009年07月29日 00:29

859 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/28(火) 21:51:32 ID:3fSO8jes
柳生十兵衛・敵役との意外な親戚関係

山田風太郎の大ヒットシリーズ、柳生十兵衛三部作。
その一作目『柳生忍法帖』は会津藩加藤家改易の原因となった
堀主水事件(http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-711.html)を
下敷きにしている。
小説は悪逆無道の暴君・加藤明成に一族を皆殺しにされた堀の女たちが
復讐に立ち上がり、十兵衛がこれに協力し非力な女人たちをして
強大な敵を打ち破らせるべく奮闘する…という筋立てで、ヤングマガジンで漫画にもなった。

ところで、十兵衛の母おりん(柳生宗矩正室)は秀吉の若い頃の主君として有名な
松下加兵衛之綱の娘である。之綱の後を継いだ松下重綱は十兵衛の
伯父にあたるわけだが、この人の正室は加藤嘉明の娘。
つまり明成の義弟なのだ。
松下家は加藤家の与力大名として一時は五万石を領したが、
加藤家改易の一年後に煽りを食ってやはり改易の憂き目を見ている。
その時の当主の松下長綱は明成の甥、十兵衛から見れば従弟になる。

もともと『柳生忍法帖』は原題を『尼寺五十万石』といい十兵衛には
登場の予定すらなかった。それがこの作品のヒットが『魔界転生』につながり、
現代におけるヒーロー柳生十兵衛のイメージに多大な影響を与えることに
なったのだから、十兵衛と明成の遠い親戚二人は泉下で何を思っているだろうか…
という山風先生のちょっと悪いお話




861 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/07/28(火) 23:20:33 ID:inpso3D0
>>859
親戚同士だったんだなw


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2534-b73339ec
    この記事へのトラックバック