FC2ブログ

鹿児島県伊佐市郡山八幡神社に打ち付けられていた木片

2009年08月08日 04:35

169 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/07(金) 17:21:21 ID:fsdFy6Mm

悪い話スレ向きだけどとある神社を修理した時に大工が残した墨書きに
「ここの施主ケチで焼酎の一杯も振舞ってくれなかったッス」と書かれていたの思い出した

170 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/07(金) 17:39:20 ID:WcdZOJIS
日本最古の焼酎に対する文章だっけ?
確か鹿児島だったような

172 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/07(金) 20:11:25 ID:WTuhZ7Du
>>170
都城だった気がする


180 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/07(金) 18:38:52 ID:fsdFy6Mm
昭和29年、鹿児島県伊佐市郡山八幡神社。
国による解体修理の際に頭貫(柱の頂部を繋ぐ水平材)に木片が打ち付けられているのが
見つかった。
その木片には、
 永禄二歳八月十一日       作次郎
           鶴田(露田)助太郎
 其時座主ハ大キナこすてをちやりて一度も焼酎ヲ被下候
 何ともめいわくな事哉
(補修したのに施主はドケチで焼酎の一杯も振舞ってくれなかったよ!
 もうがっかりだよ!)
※こす=ケチ。コスいとか言いませんか?

この木片は戦国時代から既に焼酎が飲まれていたこと、
当時の施主が大変なケチであったことを雄弁に今の我々にも伝えてくれている。

ケチケチしすぎて後々にまで悪愚痴が伝わってしまったお話。





182 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/07(金) 18:47:18 ID:WcdZOJIS
>>180
戦国時代の話だったのか…

しかし昔の大工は建物のどこかに落書きするのが当然だったのか?w

184 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/07(金) 19:10:25 ID:wiMlWLzc
>>180みたいな文面だと
その内建て替えする時見られて恥かけばいいのにw
って思ってそうだと感じる

187 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/07(金) 22:08:02 ID:spNkCnyl
>>184

将来、また修繕とかあったときに見るであろう自分達の同輩にこっそり愚痴ったんだよ。
で、また昭和29年に補修した宮大工の人がこっそり残すという…

やっぱり施主は大工にそれなりに差し入れしないとだめってことだな。

188 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/07(金) 22:50:48 ID:s6eaFUIF
いい施主なら、
『昭和弐年参月吉日 長谷川邸建立 
この御家族に末久しく幸あらんことを 棟梁・澤田留吉他』
なんて書かれた板が屋根裏に残されていたりしてな・・・


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2585-4d7cc0c8
    この記事へのトラックバック