FC2ブログ

天海僧正と長生きの秘訣

2009年08月10日 00:15

天海   
214 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/08/09(日) 10:46:18 ID:VhgsNaYm
天海僧正と長生きの秘訣

天海は108歳まで生きたといわれ、これは戦国時代でもまれな記録である。
徳川3代に仕えたが、それぞれに長寿のアドバイスをしている。

家康に対しては、江戸入りの際に他の寺社がえりすぐりの珍品、名品を献上するのを横目に、
納豆を健康食品として献上した。
他の珍品、名品を受け取らなかった家康も、納豆は喜んで受け取り、
その後の天海と家康との対面は納豆談義と呼ばれている。

真面目な秀忠には、
「長生きするには、粗食で、うそをつかず、毎日風呂に入り、お経も読み、時々はおならもしなさい。」
という歌を送っている。

一方、短気で好色な家光には、
「気は長く、仕事は真面目に、色事はほどほど、小食にして、寛大におなりなさい。」
という歌を送っている。

人に合わせた健康法を指導できる柔軟性が、実は長生きの秘訣かもしれない。





215 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/09(日) 12:41:56 ID:X+nyH292
さすが日向守惟任様

216 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/09(日) 12:43:58 ID:9PPK/36a
おならをしたら味噌が出ました

227 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/08/09(日) 19:57:17 ID:eBAheu7b
>>214
>他の珍品、名品を受け取らなかった家康も、納豆は喜んで受け取り、
その後の天海と家康との対面は納豆談義と呼ばれている。
糸を引くから納豆談義かw


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2604-8c970ee4
    この記事へのトラックバック