FC2ブログ

東寺の新見荘と応仁の乱

2009年08月20日 00:03

552 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/19(水) 18:34:44 ID:4pJbEAt/
京の東寺の数ある荘園のうち、備中には新見荘という荘園があった。

応仁元年(1467)、東寺はこの荘園との連絡が非常に困難となった。
そう、応仁の乱の勃発である。

乱の影響は地方に及び、東寺における新見荘担当代官、祐成は、年貢収得のための
備中への下向を危険だとして拒否。その後2ヶ月あまりもゴタゴタを続けた挙句、
結局祐成の中間である左衛門五郎と言う人物が、新見荘に下向することとなった。
これが同年10月のことである。

さて、翌応仁二年正月、左衛門五郎下向の知らせを持って、新見荘より一人の僧が、
使者が東寺へと現れた。しかし書状の日付から見ると、新見荘から京までは
通常7,8日でこられるのに、この僧は21日もかかっていた。その事を荘園担当部署である
最勝光院方が尋ねると、彼がに言うには、

「私は新見荘の田所(農政責任者)に扶持されているものです。
今備中と京の間は、上洛する軍勢とそれを阻止しようとする軍勢とが結集し、
甚だ危険なことになっています。このため山陽道も瀬戸内海も通行することが出来ず、
私は四国に渡り、遠回りをして京に上がりました。そのためこれだけの時間がかかったのです。」

最勝光院方は、危険を冒して上洛した彼の行動を大いに賞賛し、僧の苦労に報いるため、
粉骨分(報奨)として銭二百文を与えるよう要求した。

が、ここから話はややこしくなる。
東寺の内部で、「誰が粉骨分を支払うか」が、まるで決まらないのだ。

本来の新見荘の責任者である祐成はこの負担を拒否。

それならば東寺から直接出すわけには行かないのかと、供僧(東寺指導部)に願い出ると、
供僧達は評定で
「前例が無いからできない」と、けんもほろろ。

そりゃあ前例の無い騒乱が起こっているのだから、先例が無いのも当然だと思うが、寺社も
こういう事に融通の利く組織ではなかったのだ。

そこで皆が頭をひねった結果、ナイスアイデアが生まれた

「そうだ!公文僧祐(行政官)から、二百文の銭を新見荘の使僧に『貸す』と言う形にしよう!
そして使僧から借状をとっておいて、後から新見荘に請求すれば良い!」

何のことは無い。最初は東寺からの褒美であったはずの粉骨分が、担当者が皆、自分の懐が
痛むのを嫌がるあまり、結局荘園の負担に添加されてしまったわけである。

寺社の、領主としての当事者能力の欠落を感じさせる、戦国の初めの頃のお話。




553 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/19(水) 20:36:12 ID:yhZ7Kctd
>>552
しょうもないと言うか、どうでもよさそうと言うか……。
まあお役人にとっては問題だったんだろうな。
前例にないことを自分の部署でやったら、これからもあるかもしれない。
そうしたら、また自分の懐が痛むかもしれない、と。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2659-3b7b3625
    この記事へのトラックバック