FC2ブログ

九条玩山と源氏物語

2009年08月24日 00:13

645 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/08/23(日) 21:12:10 ID:PKMT/gAP
九条玩山と源氏物語

公家の九条玩山は東福寺門前の藪の中にある
朽ち果てそうな宿坊に住んでいた。
彼は食事が終わるとすぐさま机に向かい、朝も夜も
源氏物語を読みふけっていた。
彼は常々「これほど面白い物語はない。60年以上は読んでいるが
全く飽きることはない。まるで延喜の御代にいる気分になる。」
と言っていた。

ある日歌人の里村紹巴が彼の宿坊を訪問した。
紹巴「何を読んでいらっしゃるのですか?」
玩山「源氏物語」
紹巴「何か良い歌書はありませんか?」
玩山「源氏物語」
紹巴「どなたかがいらっしゃって、閉居をなぐさめてらっしゃるのですか?」
玩山「源氏物語」
と玩山は三度同じ答えを言ったという。







スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    何という信者……

  2. 人間七七四年 | URL | -

    60年以上飽きないって…オタクでも無理だわ、素直に凄い。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    他に娯楽がなかった、という見方もできるが
    やはり千年読み継がれてる長編小説ってな、
    何かしらとてつもない力を持ってるんだな。
    読んだことはないけども。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    アニオタ、引篭もりの先駆者?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2686-1d935d11
この記事へのトラックバック