FC2ブログ

蓮如と、籠の鶯

2009年09月02日 00:03

蓮如   
913 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 18:19:45 ID:Rb3Rt2Kn
蓮如と、籠の鶯

本願寺八世、蓮如上人が八十五歳の時、大阪で病を得た上人は、その本拠地山科で、
病床に臥せっていた。

ある時上人は、病床近くにいた弟子の法敬、空善、了陳らと法話をしていたが、
その時、病室にあった籠に入った鶯を見て、このように言った

「あの鶯は空善が先日私にくれたものだが、『法聞け、法聞け』と鳴くのだよ。
宗祖親鸞聖人の御門徒でありながら法を聞かぬものは、人間でありながらこの鳥にも
劣ると言うものだな。

わたしはこの鳥の『法聞け』という声で心を慰めていたのだが、、もう籠に入れておくのは
可愛そうなので、竹林に放してやってくれないか?」

そこで空善が藪の中に放してくると、蓮如は、

「籠の中でさぞや窮屈であっただろうと思うが、『法聞け法聞け』と鳴く有難さに、心ならずも
今日まで閉じ込めてしまったよ。今、藪の中に放たれて、さぞ喜んでいるだろう。

それにつけても思うのは、人間と言うものも、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の
六種の迷界における、胎、卵、湿、化の、四種の生の現世を出て、西方浄土の
広大な竹林に放たれれば、どれほど喜ばしい事であろう。」

そのように、しみじみと語ったそうである。


浄土真宗を大教団へと育て上げた、真宗中興の祖、蓮如上人の晩年の心境である。







スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >『法聞け法聞け』と鳴く有難さに、心ならずも今日まで閉じ込めてしまったよ。
    “心ならずも”のあたりに、いかに精神が弱っていたかがわかる
    心労いかばかりかと思うと、同情を禁じえぬ。いい話でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2734-da2c4a2b
この記事へのトラックバック