FC2ブログ

伝説の美少年誕生の瞬間

2009年09月13日 00:19

299 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 19:35:57 ID:nLyciz8F
伝説の美少年誕生の瞬間

この子の人生は蒲生氏郷が狂わせたと言っても過言ではない
氏郷が将兵の観閲を行ったおりに見物人の中に
ひと際、見目麗しい光を放つ子がいた。

氏郷はその場で速攻この子を嫁に貰うと決め家臣たちにすぐに探させた。

もちろん一般人との縁談なんてあまり頂けるものではない
が、氏郷かなり本気らしく家臣の一部もその子を見ていて納得し
周囲の人々に特徴を話すとすぐにどこに住む子か判った。

氏郷とうとうその子の居場所を見つけて追い詰めた
そこは京の都の建仁寺・西来院 やっと見つけた
が、そこに住んでた当の子は女の子じゃなく男の子。

でも、氏郷が本当にびっくりしたのはこの子が織田家の子供でかなり気が強い。
信長公が幼いころはこんな感じだったのかな?と氏郷もついつい笑みをこぼす。
これは運命だから連れてくしかないと半分誘拐まがいに連れて行って大変可愛がった。

少し時がたつと、この子ガチで戦場で暴れまわる、今でいうとDQNな子
なんでも一番が良いとはいえ氏郷親衛隊なのに真っ先に特攻しまくる
特攻気質な氏郷様を抑えるのが本来のお仕事なのに。

何もしてなくても目立つのに派手物好きでよく目立つ
ついたあだ名が一番槍、男も女もわらわら寄ってくる。

15になる時には槍でこいつの右に出る奴はいねぇ
と言われる程までの氏郷自慢の美少年に仕上がった。

女踊りに神楽歌、絶世の舞太夫に世間の誰しもがこれを歌う
「槍師 槍師は多けれど 名古屋山三は一の槍」

※都の人々の間では地元の英雄を連れさらった的にうたわれてしまうが
京都建仁寺では母が山三郎は次男なので縁族にあたる
蒲生家で大事にして貰えるよう氏郷に託した とちゃんと残る。




300 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 19:59:55 ID:7R8dZ+Wi
まーくんが九戸の乱で蒲生を出し抜こうとした時「うはっwこれはチートw」
って言ったくらいだからどんな容姿だったんやら

301 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:20:54 ID:c5JkR3I9
>>300
違う形の逸話かも知れんけどそれは九州の時の福島正則で
政宗は九戸政実の時活躍を褒めたんじゃなかったなかったっけ?
天下三美の浅香庄次郎も連隊させてるから十分チートだとは思うけど

302 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:23:07 ID:I+ZWcShl
名古屋山三郎って、その有名さ、容姿、槍働きのわりに、死に際の石高って
5000石だったんだよなぁ。

303 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:33:25 ID:G7ny2ckS
昨日パタリロ読んでたせいで美少年と聞くとあんなイメージに

304 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:34:09 ID:fp+v2Bsm
5000石って大変なモンなんだけどな。たかがとか思ってんの?

305 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:38:37 ID:G5fEj6RR
名古屋山三郎はその逸話を見ると、演芸はともかく、武士としては、
部隊指揮や行政をするわけでもなくほとんど槍働き一本だったようだから、
個人的武勇だけで5000石は、むしろ破格と言っていいと思う。

306 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:48:46 ID:GdYEGBO5
山三は元々相手をもてなす外交政策担当なのに戦闘に出てくるのがそもそもおかしい

確か蒲生家でも5000石勤め、森家の最後のあたりだと5300石あたり
槍働きでこれは十分だと思うが、殆ど化粧料として使ってたんじゃ?
確か歴代主君より派手な格好や槍刀の許可を主君から石高代わりに貰ってはず

戦国無双にも甲斐姫・清正と一緒に3人並んだモデリングデータあったから次回あたりくるんじゃ

307 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 20:55:22 ID:W3T8TEcv
井戸「ライバルなのに俺の強さがぜんぜん認知されてない・・・名古屋氏ね」

308 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:03:38 ID:fp+v2Bsm
>>306
化粧料?

309 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:10:30 ID:lZiPQMCE
>>308
自分や家来衆の見栄えをよくし、外交を恙無く行うための接待費と思った方がいいかな?
現代でも、ピシッとしたスーツにのりの利いたシャツ、綺麗な革靴を揃えるってなると
結構かかるでしょ。
そういった身分費用と思えばいいよ。

310 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 21:11:31 ID:GdYEGBO5
>>308
化粧料と言うと意味合い変わってくるからちょっと変でしたね
そういう許可を褒美代わりに貰ってたんじゃ?って話です。
井戸宇右衛門が主君より派手な山三の持ち物を投げ捨てて喧嘩してる
>>307
井戸はマジで哀れだと思う。
何言っても忠政から「※ただしイケメンに限る」って返事かえってくるし
山三と天下二分した不破万作に名前乗っ取られて井戸本人空気だし


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    部下が綺麗に着飾る=上司の評価
    になるからその辺は現代に近い感覚なんかな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2799-00184009
この記事へのトラックバック