FC2ブログ

「丹波の赤鬼」赤井直正

2009年09月19日 00:19

561 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/09/17(木) 22:27:31 ID:NLGRVu47
あまり、取り上げられない男「丹波の赤鬼」赤井直正


直正は赤井時家の次男として生まれ、荻野氏に養子として迎えられて荻野姓を名乗った。
直正は青年期に、実家赤井氏と国人武士の後押しを得て、養父であり叔父にあたる
荻野伊予守を殺し黒井城主となった。
永禄八年(1565)八月、赤井一族は丹波守護代内藤宗勝と「和久郷」において合戦におよんだ。
戦いは赤井氏の大勝利で、内藤宗勝は戦没し、壊滅した内藤勢は辛うじて貞勝らを擁して
鬼ケ城に脱出した。
しかし、雪崩をうって赤井勢に走った横山・奈賀山・和久・桐村・牧氏らの「天田郡馬廻衆」が
鬼ケ城を攻めたて、ついに貞勝を討ち取った。
「和久郷の決戦」と呼ばれるこの戦いは、守護代内藤宗勝と新興の赤井(荻野)直正とが、
丹波の覇権を争った大きな合戦で、丹波の国人・土豪にとっても一つの転機となった。
以後、天田郡全域はほぼ赤井氏の傘下に入り、内藤氏の勢力は大きく後退することになり、
丹波は三好氏の分国を離脱した。
かくして、赤井直正は丹波黒井城にあって武威を隣国に振るうようになった。
天正年間(1573~)にいたり、全国制覇を目指す織田信長の勢力が丹波にも伸びてきた。
天正三年(1575)、信長は部将の明智光秀に命じて丹波経略を開始した。
そもそも丹波の国衆たちは、永禄十一年(1568)に織田信長が足利義昭を奉じて上洛したとき、
旗頭の波多野氏をはじめとして信長の軍門に降った。
ところが、その後信長と将軍義昭とが対立するようになると、丹波国衆は義昭に味方したのであった。
丹波国衆の姿勢に怒った信長は、明智光秀に丹波経略を命じたのであった。


562 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/09/17(木) 22:29:24 ID:NLGRVu47
丹波国は山陰・西国の喉元にあたる要地であり、信長にしても丹波を平定することは急を要した。
その野望の前に立ちはだかる赤井一族、波多野一統らの丹波の諸勢力を降すために、
明智光秀を主将とし細川藤孝を副将とする織田軍は、ぞくぞくと丹波へと出撃してきた。
かくして、天正三年(1575)から七年にかけて、物量にものをいわせる織田方と、
がっちりと手を結んで反織田に燃える丹波勢との間で、いくたびかの激戦が繰り広げられた。
しかし、丹波の諸城は相次いで潰え、天正六年、赤井氏の大黒柱である直正が病死してしまった。
直正死後は弟の幸家が直正の子直義を後見して城を固め、織田軍と対峙した。
波多野氏の拠る八上城を包囲した光秀は、兵糧攻めにすると摂津方面へと転戦していった。
翌天正七年、丹波に入った光秀は多紀郡と氷上郡の境にある鐘が坂の金山に城を築き、
多紀・氷上の連絡を断った。
そして、六月、飢餓状態に陥った八上城が落城、波多野氏は滅亡した。こうして
八上城包囲軍が赤井氏攻撃軍と合流、赤井方の高見・稲継城が攻略され、織田勢は
黒井城に殺到した。
すでに孤立無縁となっていた黒井城は、天正七年八月九日、ついに落城した。

563 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/09/17(木) 22:36:28 ID:NLGRVu47
死の直前、単独で勧降に訪れた脇坂安治の態度に感心し、貂(テン)の皮で作った
槍の鞘を彼に贈った。
安治はこれを持ち帰り、以後「貂の皮」は脇坂家の家宝となったという説がある。

ちなみに、元フロボクサーの赤井英和「浪速のロッキー」は子孫にあたる。





567 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/09/17(木) 23:10:35 ID:2vm9Fm5T
>>563
この人、光秀を二度も破ったんだよな
生涯三度(赤井直正×2、秀吉)しか負けなかった光秀に・・・


575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/18(金) 01:34:11 ID:DQbcF328
また出たと坊主びっくり貂の皮のアレはこのとき赤鬼さんからもらったのが由来だったのか


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ちなみに内藤宗勝は、我らがボンバーマン・松永久秀の弟、松永長頼である

  2. 人間七七四年 | URL | -

    脇坂と赤井のやり取りがアンサイクロペディアで某動画サイトのレスリング化しちゃってる件について

  3. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    知らんかった。赤井英和ガチで赤鬼さんの血液かー


    しかし風呂ボクサー……

  4. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    知らんかった。赤井英和ガチで赤鬼さんの血縁かー


    しかし風呂ボクサー……

  5. 人間七七四年 | URL | -

    のちにこの赤鬼の子孫とされるものが
    藤堂高虎に仕えて、
    その名も「赤井悪右衛門」と名乗っていますね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2846-969828b1
この記事へのトラックバック