FC2ブログ

腹赤村の「ぼたもちさん」

2009年09月21日 00:36

16 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 18:45:14 ID:qAAc0AnZ
悲しい姫の話が出たので。


腹赤村の「ぼたもちさん」

立花宗茂の正室・千代姫が肥後国腹赤村で亡くなったのは、慶長7年(1602年)
10月17日と記録される。現在も残る墓は、石塔の頭の形から「ぼたもちさん」と
呼ばれている。

この話には異説がある。

慶長6年2月7日のこと。腹赤村の庄屋のところに、阿弥陀寺の住持・淡海から
「気のふれた女が現れた」と届出があった。
庄屋が見に行ったところ、狂人に相違なかった。色々尋ねてみても柳河から
来たとしか分からず、そのまま阿弥陀寺で預かることになった。
そして翌年の10月17日、阿弥陀寺から、柳河の女が寺の前にある古井戸に身を投げて
死んだと連絡があった。庄屋は村の者立会いのもと、淡海の引導で古井戸に葬った。

この「柳河の女」こそ国を失い夫とも別れた千代姫であり、身を投げた古井戸に
建てた墓が「ぼたもちさん」のはじまりなのだという。自然の丸石をのせた簡素な
ものだったのだろう。

信憑性うんぬんよりも、あまりに哀れで、本当とは思いたくない千代姫の話。




617 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 18:50:09 ID:8Ipt9JHP
惨めすぎる・・・

618 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 19:27:30 ID:RJ0/YkBg
第一狂う理由が分からんわな


619 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 20:50:54 ID:wlEoAWBt
種無しの夫


スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    携帯で見てるが、機種依存文字なのか千代姫になってて正直笑った

  2.   | URL | -

    米1と同じく千代に笑った

  3. 人間七七四年 | URL | -

    自分のケータイだと、千代になってる…。

  4. 名無しさん | URL | -

    清正から小野和泉へ送られた手紙に
    「左近殿御内儀に米俵を届けたところ、すぐに飛脚で御礼状を送ってきて
    大変丁寧なお礼をされてしまい、かえって迷惑をかけてしまったようだ。」
    という感じの文書が残ってて、ギン千代が宗茂の内儀として扱われていたことや、
    しっかりした人物だったっていうのがうかがえるんで、まあ創作だろうな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2855-0f7c1644
この記事へのトラックバック