小西行長、朝鮮王朝に密書を

2009年09月22日 00:03

620 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 21:02:55 ID:42jEnipA
荒れそうな話だが、読んだままをかいつまんで書いておく。

文禄・慶長の役。
秀吉は小西行長と加藤清正を朝鮮攻略の先鋒にした。しかし、両者の考えは大きく異なっていた。

小西は「この戦は豊臣のためにも日本のためにもならない。
一刻も早い講和のためには太閤殿下を欺くことになってもやむを得ない」
と考えて講和の活動を行なった。
加藤は小西の活動が秀吉の意思に背くことを察して「殿下の許可もらってんのか、あぁーん?」などと
それを妨害した。
小西は石田三成を通じて清正を召還、謹慎させるが、
おりしも阪神地方に大地震発生、 秀吉の元へ真っ先に駆けつける「地震加藤」の活躍で
許されてしまう。
清正の前線復帰を前に小西は朝鮮王朝に密書を送る。
その内容は
『加藤清正がしかじかの日に渡海してくるから、貴水軍で待ち伏せて討ち取ってもらいたい』

朝鮮側では、李舜臣に命令を出したが、李舜臣は「これは敵の罠だ」といって出撃しなかった。
これについては、本当にそう思っていた説、実際罠だった説、朝鮮水軍の戦力では襲撃不可能だが
そうは言えなかった説などがある。
ともあれ、朝鮮側の史料にはある、小西行長の悪い話。




621 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 21:51:47 ID:khWreYQ6
それは普通罠としか思わんわ

仲悪いって情報あったとしても信じてもらえないレベルw

622 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 23:46:57 ID:7E7rnYs9
まーそんな手紙信じんわなw

623 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/20(日) 23:52:43 ID:pDLBeJzP
小西うぜえww

624 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/09/21(月) 07:27:52 ID:t7Ltkaei
この人もここ何年かでかなり評価が変わった人だよねぇ。
まあ大河ではあいかわらず空気だけど・・・

625 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 08:09:48 ID:YkiQik7A
>>620
ちょっとどころじゃない、悪い話だなw
いかな事情があるにせよ味方を売る奴はダメだ


627 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 14:29:20 ID:3iRnOSKi
襲撃成功→邪魔者がいなくなって和議成立。
和議をすすめた俺の功績→ウマー(゚Д゚)
襲撃失敗→朝鮮の抵抗能力が下がって制海権確保。
罠にかけた俺の功績→ウマー(゚Д゚)

628 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 14:56:38 ID:qEi+G157
器のちいせぇ策だw

629 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 15:31:47 ID:EWl6k6OD
>>624
石田三成が逃亡!(ナンジャッチ!?)
小西行長も逃亡!宇喜多勢は総崩れゴワス!

630 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 16:16:32 ID:3OOMt630
>>627
同じような話で「行長の配下の者が朝鮮の陣に来て…」という話があるのだが

李舜臣が攻撃を躊躇して更迭され、さらに再度同じような情報を流して
朝鮮水軍をおびき出す事まで含めて小西行長の策だった、というのが朝鮮側の見方だったりする。

631 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/09/21(月) 16:58:26 ID:TRa2AOai
99の岡村が真似してた小西プロデューサー思い出した
小西ですけど~ってやつ

632 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 17:19:28 ID:DbEQ5oMp
>>630
単に仲間割れしていただけで、たまたまそれが朝鮮側にとっては
計略のように見えただけじゃないかなぁ。

633 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 19:58:25 ID:VoIJxwR0
>>632
小西のヤッチャッタぶりは一体どうして処罰されなかったのか不思議な
くらいだし敵から見たらそう思ってもしょうがないんじゃないかなあ

634 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:56:14 ID:UceDIJMn
文禄・慶長の役は外交のいいかげんさが際立ってるよな・・。

秀吉は天下人になるまで外交力で勝ってきたところが大きいのに
権力を得て軍隊使い放題になってから考え方が変わっちゃったよね。


635 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:56:54 ID:o5njkFxf
言葉も文化も違うし、今とは違って普段からの公的交流も皆無。
よほどの天才じゃなきゃちゃんとした外交などできまいよ。

636 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 23:01:19 ID:T3XchRsj
というか、外交という前提じゃないからな。
秀吉からすれば屈服するかしないかという話でしかない。
まさにラスボス。


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>624
    黄金の日々の時からこのエピソードはあったよ。
    あの頃は朝鮮侵略を止めようとしたってことでむしろ好意的な評価だった。

    >>625
    君、なんでこのスレにいるの?

    >>628
    敵の領地を取るためだと大きくて、和平のためだと小さいのか?
    よく分からん基準だな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2860-0cac6ee0
この記事へのトラックバック