FC2ブログ

第26代当主南部信直の誕生

2009年09月27日 00:47

770 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/09/26(土) 15:03:15 ID:opgZPqmz
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-918.htmlでも触れられていた、
南部さんちのお家騒動の話

南部信直は養父に命を狙われ、実父を津軽で失い、何かと家族に恵まれない男だった。
しかし彼には親子ほど年の離れた頼れる家臣がいた。
名前が読めないことで有名な北信愛である。

信直は12歳のとき従兄弟の三戸城主・南部晴政の婿養子になったが、
その後晴政に実子が生まれたために命を狙われ、自宅(田子館)にも帰れない有様だった。
一門の北信愛は当時まだ晴政の家臣だったが、信直の器量を憐れみ、
彼を自分の城である剣吉城に匿い、晴政による数度の城攻めを耐え続けた。

そんなこんなの内に、晴政と男子が急死してしまう。
空いた三戸城主のポストをめぐって、晴政の娘婿やら一門の実力者やら様々な候補が出る。
衆議の席は揉めに揉めた。
皆が真剣な顔で話し合っているなか、突然北信愛が声を上げて笑い出した。

北「(´_ゝ`)クッククク・・(´∀`)フハハハ・・( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!」
一族「北殿、どうしたの!?」
北「咲かすべき論に勝ちたり!」

北は大笑しながら座敷を出た。そこには鉄砲を持った大量の兵たちが控えていた!

一族「Σ(゚д゚;)!?」
北「三戸城主になる御方はと っ く に 決 ま っ て ん だ よ !!」

要するにクーデターである。北は兵に命じ、田子に信直を迎えに行かせた。
第26代当主南部信直はこうして誕生したのである。

まあこれだけ強引な家督相続をしたので、当然の如く家中は反発の嵐となった。
信直と信愛はこの後も様々な困難に見舞われたが、ガッチリ信頼で結ばれた彼らは
二人三脚で南部家の地盤固めに尽力した。
南部の知将北信愛の、ちょっとアグレッシブなお話。






スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    北さんいい武将だよなぁw彼が信直をうまく支えたから南部は生き残れたし(もちろん信直自体も良将だが)
    某ゲームでも東北スタートすると重宝する人材だしw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    で、なんて読むの。北信愛。

  3. 人間七七四年 | URL | L9ACpnHw

    きた のぶちか

    だったかな・・・

    俺も最初みたときはポカーンでしたww

  4. 人間七七四年 | URL | L9ACpnHw

    きた のぶちか
    だったかな・・・
    俺も最初みたときはポカーンでしたww

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >某ゲームでも東北スタートすると重宝する人材だしw

    ですよねー
    そして強いけれど忠誠度の低い九戸政実に嘆くんですね、分かります

  6. 人間七七四年 | URL | -

    なんだかんだ言って南部は地固めが出来ないというか、家の中の争いが酷すぎて正直国取りとか天下どころじゃないんだよなー
    正直、南部人としては鮭様やまーくんどころか為信すらうらやましいわ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    南部はゴタゴタが続いたせいでロクな資料が残ってないからね。
    本来、嫡流と言われる八戸氏の末期も良くわからないし。

    晴政派(九戸、七戸、津軽)
    信直派(石川、一戸、北)
    中立(南、東、八戸)

    九戸政実は晴政に忠実だったんだけど、
    最後はそれが仇になっちゃったよね。
    元は七戸などの晴政派が中立派を攻撃しちゃったのが敗因なんだけど、
    最後まで見捨てられなかったし根は良い奴なんだろうけど。

    北氏は没落して北信愛は南氏の被官だったと言われ、
    信直と共に出世した大器晩成型。

  8. 人間七七四年 | URL | 357LQS3A

    北さんすげー果断速攻の人だね。清洲会議で、丹羽長秀か池田恒興あたりが密かに兵を伏せて、羽柴柴田をあっさり押し籠めてしまうようなもんか。


    しかし九戸政実は天下人に逆らった形にならなきゃ、ゲームであんな義理低い設定にならなかったんじゃあ……?

  9.   | URL | -

    北信さんは良い人だ。かなり強引だけど。東北の人間にとって
    良い人だったかは知らないけれど、南部さんにとっては
    本当に信頼できる武将だっただろうな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/2882-00264f5e
この記事へのトラックバック