三千の生首

2009年10月19日 00:06

556 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 14:19:00 ID:cymzAB1J
三千の生首

天文一六年 
武田晴信は関東管領上杉憲政の支援を受けて反旗を翻した
志賀城の笠原清繁を討伐に動いた。
戦は武田優勢に進み志賀城は水の手を断たれ
上州上杉軍は典厩、甘利、真田達に敗れ敗走し上杉軍は三千人の捕虜を出した。
武田晴信はこの捕虜達を自分に逆らう者はどうなるかの見せしめとして
捕虜三千人の首を全て刎ね、その生首を志賀城の石垣に並べたのだった。

志賀城の兵士達は三千の生首に戦慄恐怖したが
この行為につまり降伏しても助かる見込みもなしと判断し
激しい怒りと報復の念を抱き水がないにもかかわらず、降伏勧告の矢文を黙殺し
落城まで最後の一兵までもが抵抗し、笠原清繁も城と運命を供にした。
城兵は悉く討死し、さらに家族は人買いの手に渡り金山の坑夫や娼婦、奴婢として売り払われ
笠原清繁の妻はニ十貫文で小山田信有に買われた。

この悪逆非道な行いに怒った村上義清は死者の着る経帷子を旗印とし、
死んでも武田に降らない意志を示し
上田原の戦いでは只ひたすら晴信の首を狙ったという。


hr size="1" />
575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/18(日) 19:48:18 ID:wfjPGwnh
>>556
甲斐は人炒り釜(家康と本多作左の話に出てくる)の国だからなあ…
信賞必罰、一罰百戒ていうがやりすぎな観あるねそいつぁ.

645 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/21(水) 00:21:40 ID:VR2bk68p
>>575

そう言えば石川五右衛門も本当は釜茹でじゃなくて炒り釜だったそうだね
戦国期ではその位の刑罰じゃないと人々を黙らせられないだろうから
割とポピュラー且つ残忍な刑罰だったのかも
だから家康も止めさせようとしたんだろうね

649 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/21(水) 01:05:55 ID:hXHaWu7G
秀吉も残忍だからな

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    こういう話聞く度に、武田が滅亡したのは勝頼だけのせいじゃないと思う

  2. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば信玄って同盟を反故しまくってたな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    大河ドラマ風林火山にもこのシーンはあったね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    3000人の首って誰が切るんだろう
    一気に切ろうとしたら暴動起きてあれだろうし。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    いやぁ、人間結構武装解除されてると従順なもんよ。
    それに実際のところ三千人が一緒にいたんじゃなくて、
    数十人ごとに管理してたろうし。
    まぁ斬るのは大変だろうけど。死体の始末とか。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    "勝頼だけのせい"ではない
    ほぼ100%信玄時代の負債
    つうか武田家が大名として生き残る道を
    信玄がほぼすべて摘み取ってると思う

  7. 人間七七四年 | URL | PdoZQN3w

    うろ覚えだが、さいとうたかおの漫画では、この残虐行為の原因が
    「持病(結核?)の熱にうかされて正常な判断が出来なくなっているから」って事になってたな。
    信玄を主人公にした作品だと、ここら辺の描写は酷く困る事になるよな。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >つうか武田家が大名として生き残る道を
    >信玄がほぼすべて摘み取ってると思う

    秀吉に通じるものがあるな。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    だけど信玄じゃなかったら武田あっさり滅んでたかもしれないからな。
    だから歴史は面白い。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    大義名分なしにこういう事しちゃイカンよ信玄君

    ※9
    三国同盟を守ってる限りはそれはない

  11. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉と関連付けられるか?一緒にはできない。あの時代なら炒り釜もありだろ。特別残忍でもない。
    100%は言い過ぎ。
    守ってるだけでも駄目だろ

  12. 人間七七四年 | URL | -

    いや流石に炒り釜は残忍でしょw
    攻めて各地に怨みをばら蒔いていたら先は長くは無いしねー
    この時の捕虜皆殺しが砥石崩れに繋がると思うと面白いね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3038-6f949c1c
この記事へのトラックバック