FC2ブログ

関ヶ原、宮田村と藤堂玄蕃

2009年10月24日 00:13

672 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 23:22:49 ID:vJVe2Yzv
関ヶ原
岐阜城を落とした東軍はさらににしへと押し寄せる。

藤堂高虎家臣、藤堂玄蕃の部隊は、赤坂の町を占拠せんと呂久川にそって進み、
宮田と言う村に着いた。この宮田村、竹薮の中にあり、四方に堀を構えた要害であった。
そのためか、周辺の住民の多くも、この村に非難していたそうだ。

さて、ここに藤堂玄蕃がやってきた。
軍勢は村の入り口にとどめ、武者二名を村の中に入れ、尋ねた。

「敵の落人がここに逃げ込んではいないか!?もしいるようならすぐに出すのだ!」

村の老職達は武者の前に打ち揃い、「そのような者はここには来ておりません」と
弁明をする。ところがどうした事か、この時火にくべていた竹の節が割れて、
甲高い音を立てた

「パーン」

すわ!?鉄砲!?
「さてはこの村、敵に心を寄せてわれらに鉄砲を撃ちかけるか。
そのつもりならばかまわぬ、皆の者、撫で斬りにせよ!」

藤堂玄蕃の下知と共に、配下の者達は一斉に村に乱入、たちまち数十人を切り殺した。

この事態に、村の名主の嫡男、山田五兵衛、刀を放り投げ丸腰になって玄蕃の前に
土下座した。

「我々はあなた方に敵対した事はありません!どうか村の者達の命を助けてください。
助けていただければ、相応のご奉公いたします!」

それを聞いた玄蕃

「ならば、呂久川の瀬踏みをせよ」と命じる。
彼らに、渡河地点を探させたのだ。無論、瀬踏みの最中に、水に流されたり深みに嵌ったりして
溺れれば、それまでである。

五兵衛は先に立って川に入り、無事、わたりきった。
藤堂玄蕃の部隊はその跡を渡り川を越え、赤坂の町の占拠に成功した、とのことである。

とある、戦時の村のお話。






686 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/10/23(金) 17:36:36 ID:BVyihDQa
>>672
なんか、世界警察と中東の地元軍閥のやり取りを連想させるなあ

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    おお地元だ。
    地元にもこんな逸話が有ったのか
    今度他の逸話も探してみようかな

  2. 人間七七四年 | URL | IwZaysKE

    この村に非難、じゃなくて避難ですね。念のため。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3070-2f3c452c
この記事へのトラックバック