FC2ブログ

あるイギリス貴族の述懐

2009年11月08日 00:10

19 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/06(金) 22:15:41 ID:2tvhUJxm
あるイギリス貴族の述懐

17世紀、東アジアにおけるポルトガルの栄光は急速に衰え、代わって我が英国の興隆は
目覚ましいものでした。
西欧で金と同量同等に商われたナツメグ、グローブを巡って、わが英国から
数多くの冒険的航海者が船出したものです。
行く先は、香料諸島、今でいうモルッカ諸島、その中でもバンダ諸島という南アジアの孤島群は、
文字通りの宝島でした。
私は、一応爵位をもつ身です。が、東インド会社と仲違いをし、配下の数隻の小型船を率いて、
海賊稼業に精を出す身でもありました。
不意を突いてお宝を満載した船舶を襲撃、お宝を脅し取ったのです。
獲物となる船の国籍は問いません。
ポルトガルはもちろん、母国英国の船まで襲撃したのです。ぼろい稼業です。

そんな折、ルン島の近海で風変わりな同業者と出会いました。日本人の操るジャンク船です。
彼ら日本人海賊は80人ほどでした。互いに挨拶を交わし、日頃の常勝気分で驕っていた私は、
大胆にも彼らのジャンク船に乗りつけたのです。船の上に上がると、
彼らは無表情ですが実に礼儀正しく、
私をあちこち船内を案内してくれました。
至るところ、お宝の山です。

帰りに、私の船へと招待すると、彼らは非礼に当たらぬようにと、数十人が
私の海賊船に乗り込んできました。
興味深そうに見学していた彼らでしたが、無表情なまま静かに日本刀を抜くや否や、
私たちに襲いかかってきたのです。
あっという間に数十人の仲間が切り殺されました。無我夢中で私たちはマスカット銃で応戦、
長槍での攻撃が功を奏し、
彼らを船底に追い詰めることに成功したのです。

ところが、彼らが立て篭もった狭い船底、そこに降りていくことは自殺行為です。
途方に暮れた私は、思い切って大砲を船底に向けてぶっ放したのでした。
轟音と共に物凄い悲鳴でした。
功を奏し日本人らは皆死んでしまいました。

私の方も、船底が痛みこれ以上の稼業は続けられなくなりました。
日本人、彼らには油断は大敵だと悟った次第です。





20 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/06(金) 22:56:56 ID:LpG8ZGTn
>19
何があって日本人見学者が刀抜いたんだろう
日本人奴隷でもいたんだろうか

21 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/06(金) 23:07:16 ID:3Z/ZyaZZ
海賊をのほほんとお船に招くカモ襲うのに理由が要るのかい?

22 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/06(金) 23:12:16 ID:08ux/uMQ
「思い切って」って、思い切りすぎだw
>>20
もう最初の接舷から下心見えすいてたのでは
黙ってやられるよりは不意打ちでの逆襲に賭けたとか

23 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/06(金) 23:33:06 ID:zX7GJ43P
どう見ても堅気の船じゃない、船の大きさ、性能的に逃げられそうもない

そうだ、白兵戦に持ち込んで乗っ取ろう

って事か?
まぁこの話はどっちもどっちな気がするw何にしても双方無茶過ぎるw

24 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/11/06(金) 23:51:51 ID:ovP9n0lv
海賊も脳筋多そうな奴等だな

25 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 00:00:32 ID:g9khruuP
脳筋業界は海外航路まで広がっていたのか

26 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/11/07(土) 00:32:49 ID:efy0Aenf
てゆーか作り話だろこれwww
船底に打ち込める位置まで大砲引っ張ってきて下に傾けて船底に穴あけるとかありえんwww

27 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 00:38:16 ID:rPr+7fWD
>>26
ただ、この時代のイギリス人は、このくらいの事やりかねないのがなあw


28 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 00:41:27 ID:4dhpskJb
数十人を一瞬で斬り殺す奴が同じ船にいるんだぞ
戦闘体制で監視し続けるのは現実的じゃないだろうしそれなら一か八かの方に賭けたのかもしれん
だいたい穴を開けたとは限らん
大砲の弾じゃなくマスケットの弾や金属片詰め込んで船底にぶっ放したのかも知れん
まぁホントの所は判らんがな

29 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 00:43:15 ID:FMuq1u8p
>>11
又兵衛「距離を置いてみるとそれなりに楽しい奴なんですが」
黒田「こうも近くにいるとそのワガママさ図々しさにウンザリです」
団「あれれそれってもしかして そう私めなんです」
嘉明「だからこそ余計に腹が立つってありゃしない」

30 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 00:48:05 ID:D/dUvq6L
>>26
この話ではどうだか分からないが
使うときだけ舷側に差し込む、小さい大砲が有るじゃないか
海賊が良く使うので、有りえなくは無いと思う。

31 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 00:54:55 ID:4dhpskJb
ってかこの爵位持ちイギリス海賊は一体誰だ?

32 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 00:59:20 ID:4qJ9em6b
欧州海賊じゃ、鉄棒や弾に鎖巻いてぶっ放したりしたらしいな
すると着弾したところで鎖が暴れまくって…ヒャッハー

33 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 01:07:46 ID:4dhpskJb
ヨーロッパのデカい船になるとちょっと大砲ぶっ放したぐらいじゃ沈まないからな
喫水より下に当てるのは難しいし
必然的に船を沈めるよりも乗組員を効率よく殺す方向に発展していくという…

37 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 02:21:11 ID:G3d7IlXs
明の外洋船が欧州船より大きかったんだっけ?

銅銭だかがアフリカで出土しているから向こうまで航海していたに違いないってことになってるけど

40 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 07:43:03 ID:O97/PE0g
>>37
キリン積んで明まで帰ってきましたから。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    鄭和艦隊か
    日本には来なかったけど
    来てたら室町初期だろうから面白い事になるな

  2. 御神楽 | URL | dvUYBDnY

    残念だけど、方向が違ったからね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    鄭和の艦隊は全て8000t級の船で構成されてたらしい
    当時のヨーロッパ船はサンタマリア号の800tレベル

  4. 人間七七四年 | URL | -

     船舶トン数の計算はややこしいから、比べるのは
    難しいよ。
     旧国鉄青函連絡船で最後まで頑張っていた津軽丸級は
    普通なら8300㌧クラスの船だったんだけど、
    トン数の計算方法が改正されたら途端に5300トン級に
    なっちゃった。
     千石船と言っても今で言う積載トン数とも違うし。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    多分、舷側配置のカノン砲やカルバリン砲
    ではなく、艦尾甲板などに配置した旋回砲
    (スウィベルガン)をぶっ放したのではと
    想像します。
    www.google.co.jp/search?q=swivel+gun&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&hl=ja&lr=&sa=2
    舷側配置の砲の向きを変えるのは厄介すぎ
    ますがこれならホールドに叩き込むのにも
    あまり抵抗無いでしょう。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    卑怯だと?甘ぇこと言ってんじゃねぇ!
    聖者でも相手にしてるつもりか?
    お前らの目の前にいるのは海賊だぜ?

  7. 名無し@まとめいと | URL | -

    これは面白い。
    こういう地に足の着いた話が聞きたかったんだ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3121-2dba2a25
この記事へのトラックバック