FC2ブログ

関ヶ原、大津城攻防戦、忍者が旗を盗んだら

2009年11月11日 00:16

91 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/10(火) 02:04:46 ID:JRW2rGsg
関ヶ原の、大津宰相京極高次守る大津城を、西軍末次元康、毛利秀包、立花宗茂らが攻めた
大津城攻防戦。

慶長五年(1600)9月9日の申酉の刻(17時ごろ)より11日まで、西軍は攻撃を仕掛け、
昼夜を隔てず攻め立てたが、城方も良く守った。
そこで9月12日は諸隊の者を休息させ、13日に総攻撃を仕掛けようと、
そのように軍議にて決定した。

ところがその12日の早朝、毛利の陣に大津方の忍びが侵入、旗二本を奪って帰ると、
城の者達は城壁からその旗を立てて、「攻め手の者達は大切な旗を盗まれぬ間抜けたちだ」と
大いに嘲笑した。

が、一つだけ、運が悪かった事。
それは、その旗を立てた正面に陣していたのが、毛利ではなく、立花宗茂だったこと。

宗茂は大津城に立てられた毛利の旗を見て、思った

「しまった!毛利勢に先を越されたか!!皆の者、我等も攻めかかるぞ!!」

宗茂、毛利が抜け駆けをして大津城に攻め入ったと勘違いしたのである。これだから合戦脳は。
立花軍、一斉に動き出す。このにわかの攻撃に、城方は慌てた。相手は今日は
休息を取っているとの頭があるので、こちらも防衛の準備が整っていないのだ。

それでも兵を集め必死の防戦をする。が、立花軍は竹束を盾に堀下に取り付くと、城方の攻撃など
なんのその、死傷者を踏み越えあっという間に三の丸を攻め取ってしまった!

この立花軍の猛攻に、毛利軍も合流。二の丸まで攻め落とし、ついに残るは本丸だけとなった
京極高次は、翌13日、降伏を受け入れてしまうわけである。

関ヶ原の決戦が行われたのは、その二日後の15日。
城の忍者達が、あんな悪戯心をおこさなければ、
いや、その旗を立花陣の前に掲げなければ、
そもそも宗茂が変な勘違いさえしなければ、
高次は関ヶ原の決戦が終わるまで、大津城を守り通せていたかもしれないのだ。

そんな、ちょっとしたことで狂ってしまった運命のお話。




92 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/10(火) 02:48:47 ID:5xCK61KG
大津攻めに時間がかかったのは、大坂が使者を送って開城させようとしてたから
攻撃は遠巻きに鉄砲とか撃ち込むのに留められてたからみたいなんだよな。
だから、城方からのちょっかいを口実に宗茂は強引に総攻めに踏み切らせたらしいけどね。

93 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/10(火) 10:50:04 ID:uJtnmhyr
誤解で立花軍の総攻撃食らうとか涙目すぎる

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3133-4b1a14eb
    この記事へのトラックバック