FC2ブログ

蜂須賀家政は甘いものが大好きだった

2009年11月12日 00:23

103 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/10(火) 23:17:04 ID:jU9medFe
蜂須賀家政は、朝晩の食後に菓子を食うぐらい甘いものが大好きだった。

ある日、家政の近習・内海十左衛門は主君に呼ばれ、「手を出せ。」と言われた。
言われた通り手を出すと、家政は皿に盛った豆餅を一個、楊枝に刺して内海に与えた。
内海が受け取って手を引っ込めると、家政は
「なんじゃ、若い者はまだ食うかと思ったのに遠慮しおって。あとはワシが食うとするか。」
と言って内海を下がらせた。

それからしばらくして、また内海は家政に呼ばれ、豆餅を一個もらった。今度は心得た
内海が手を出したままでいると、家政は言った。
「なんじゃ、意地汚い。残りはワシの分じゃ、やらんぞ!!」
「・・・・・・」


徳島藩士の記録より。えーと、名将言行録には
「家政は余った菓子を宿直の者に残らず与えた。足りない時は切り割り、不公平の
ないようにした」と書いてあるんですが・・・




104 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/10(火) 23:21:44 ID:aNx/1zDG
落語の住職さんと小坊主でこんなのありそうだな。
家政公は笑がわかっておられるw

105 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/11(水) 00:17:50 ID:NF2+W8AT
おそらく与える人間が内海一人だけじゃなくて何人もいたのだろう。
最初の時は豆餅が大量にあり余っていた。
次回の時には足りなかったので切り割って与えるつもりでいたけど
内海だけは前回欲張らなかったから特別に「一個」もあげたのに
更に催促してきたので「意地きたねー」と言った。

と、好意的に解釈してみるw

スポンサーサイト





コメント

  1. 甘党 | URL | -

    お寺で手習いした武将は菓子とか餅菓子類に
    はまるのいるなあ
    水飴を毒だといって独り占めしてた
    和尚もいたし

  2. 人間七七四年 | URL | -

    和尚の大事にしてた壷を割ってしまった小坊主が
    死んで詫びようと毒を舐めたら水飴で
    あまりに美味くて全部食べてしまったってアレは
    実話だったのか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3140-3a2b36b0
この記事へのトラックバック