FC2ブログ

家久君上阪日記(冬)

2009年11月13日 00:15

115 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/11(水) 23:00:13 ID:/piwr51A
家久君上阪日記(冬)

慶長19年(1614)11月17日、島津家久(忠恒)は幕命により、鹿児島から出陣した。
日向美々津で大船を借り、海路大阪に向かう計画だったが、何日経っても船が集まらない。
しびれを切らした家久は、美々津代官の綾部助兵衛に抗議した。
「ちょっと!ちっとも船が来ないじゃん。どうなってんの?!」
「?何言ってるんスか。こんな狭い港に、そんなに大船来るワケ無いじゃないですか。」

( ゚д゚)

12月5日
綾部はいい人で、豊後森江津で大船を調達してくれる事になり、その成果を待った。
「殿、公儀のお使者が参りました。」「やべっ、催促か?ちょ、ちょっと待ってもらって!」

「お待たせ致した、家久にござる。いや申し訳ない」
「右大臣豊臣秀頼公の使者、武井理兵衛にござる。是非とも薩州殿のご助力を…」
「 『公』って そ っ ち か よ 」

12月12日
拘束した秀頼の使者を三島重庸に護送させ、大阪の家康のもとに送る。
「それも良いけどさー、薩州殿まだ?」 「も、もうすぐデスヨ…?」

12月22日
「お待たせ致した!島津家久参上!」 「あ、19日に講和したから帰っていいよ。」

( ゚д゚)

116 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/11(水) 23:01:00 ID:/piwr51A
家久君上阪日記(夏)

慶長20年4月8日、再び幕府より大阪への出陣の命が下った。
「よーし、今度は恥かかないように準備するぞー!!」
今度は綿密に九州中の港を調査し、無事に平戸の釜田浦で、大船を確保できた。

5月5日
当地で手柄を立てるべく、念入りに精鋭13800の兵を揃えて、鹿児島を出陣。
数日後、平戸に到着したところで、旧知の幕臣・山口直友からの書状が届いた。

『 8日に大阪落城したから、せめて早く来て、祝賀だけでも述べたら? 』

( ゚д゚)

あわてて軍を帰し、家久自身は昼夜を徹して船を走らせ、尼崎に上陸した。
「さあ、ここから大御所のいる伏見まで飛ばすぞ!馬ひけい!!」
「それが…急ぎ過ぎて、馬を乗せた船がまだ来ておらず……」

( Д )  ゚  ゚

やむを得ず徒歩で伏見に向かったら、家康から逆に同情されて栗毛の馬二頭をもらった。


以上、武勇はともかく兵站の才能からっきしな悪久君の上阪(できない)日記?でした。





120 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/11(水) 23:56:37 ID:fkB8NRS8
>>115-116
情報収集力が弱いね。

でも、船や馬の手配は家久の家臣の仕事じゃないの?
家久一人が悪いわけじゃないと思うけど。

121 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/12(木) 00:16:32 ID:8m9vh8Q/
まあ家臣の不始末は君主の責任じゃないの。

122 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/12(木) 00:36:46 ID:4nO+bTwM
>>120
家臣だってある程度具体的な指示がないと動けない。
「何とかしろ」とか言われても何にも出来ないのと同じ。

例えば忠恒で言えば
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-453.html

こういう話もある訳だが、これだって家光の好みを忠恒自身がリサーチするか
伊勢貞昌に調査の上で造るよう指示しとけば、建て直しなんてせずに済んだ。
忠恒が気が回らないせいと言わざるを得ない。

関ヶ原からのこういう体験を踏まえて情報網を整備したから
幕末に勝ち組のトップに立てたって説もあるが。


124 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/12(木) 01:34:59 ID:RhkyJuWR
だがそこが悪久クオリティ
情報収集が完璧な三歳風悪久なんて四天王の資格ナッシングです

125 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/12(木) 01:50:28 ID:8AiR92gt
悪久は確か加藤が改易された時も
下手な探りの入れ方して細川忠利に警戒されたりしてたな
情報収集下手なのかー
なんかなぜか世渡り上手なイメージあったわ

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    真田は日本一の兵
    古の物語にもない
    て語ったのはこの夏の陣に遅れた時だったっけ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    無茶苦茶やっても最悪の結果になることはない
    それが悪久クオリティ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3145-954d19c7
この記事へのトラックバック