FC2ブログ

「天才的な戦下手」小田氏治

2009年11月19日 00:04

264 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 00:59:06 ID:/Ynn8Ghp
戦国の常陸といえば、大抵真っ先に鬼佐竹が出る人が多いと思うんだが
今回はそんな佐竹を背後からつついては殴られ続ける生涯をおくったとある名族の話

常陸の小田氏は、関東八屋形にも名を連ねる鎌倉時代から続く名門中の名門だった
ただ名門というだけではなく、室町時代末期までは、
370年の長きに渡り、常陸国筑波郡とその周辺を支配した大豪族であったのだ
ところが例によって関東の名族にありがちな没落フラグが、
小田氏最後の名君、小田政治の晩年に立ってしまう
河越夜戦で古河公方に加勢してしまうのだ
河越で討ち死にこそしなかったが、政治はその後程なくして死去した
そして嫡男の氏治が14歳で家督を継ぐことになったわけなのだが
これで氏治が佐竹義重のような名将だったら歴史が変わっていただろう

氏治は一言で言うと「天才的な戦下手」であった
どんなに動員数が勝っていようが、どんなに外交の状況が有利だろうが
氏治が指揮を取っている、というそれだけで大潰走を引き起こす
上杉謙信とは別方向の意味で天才であった

結城氏に攻められて敗北し、主城を落とされ落ち延びる
多賀谷氏を攻めるも敗北し、逆に主城を落とされる
佐竹配下の太田資正と戦い敗北し、主城を落とされる
氏治にはカッとすると冷静に行動せずに最悪の場所に突っ込む癖や
一つの目的があるとそれだけに固執し果たすまで諦めないきらいがあり
そんな性格を利用されては策にはめられてしまうという一軍の大将としては致命的な欠点があった

ところが奇妙なもので、こんな氏治には命を懸けて忠誠を誓う優秀な家臣達が少なくなく
400年近くに渡って小田氏に支配されてきた領民は、小田氏をよく慕っていた

譜代の家臣であった菅谷一族は、菅谷政貞・範治親子を始めとして
敵からも賞賛されるほどに優秀な武将達であったが、
氏治が何度敗北しようと、主城を落とされようと、敵に降伏しようと、
嫡男が討ち死にしようと、変わらぬ忠誠で氏治を支え続けた
領民達も、自分たちの屋形は小田のお屋形様を除いてはいない!と
氏治を退けてやってくる他国の武将にはなかなか頭を垂れなかった
彼らは新しい領主に年貢を納めるのを拒否し、氏治の元にだけ年貢を納め続けた



265 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 00:59:55 ID:/Ynn8Ghp
1558年、越後の上杉景虎が関東の戦国世界に介入を開始する
佐竹・多賀谷といった小田氏の敵対勢力は早速その助力を仰いでいた
氏治は数回小田城を落とされ、それを取り返し、また奪われと
彼にしては十分すぎるほど善戦したが、軍神と負け戦の天才の戦いである
結局最後には大敗北し、小田氏は上杉に降伏、後の鬼佐竹義重の父、義昭と講和した
その後はしばらく軍神率いる上杉軍の下で佐竹氏や宇都宮氏と共に
結城氏を攻めたり、小田原を囲んだりしていた氏治だったが
暴れ疲れた軍神が越後に帰るとすぐに、佐竹氏からじわじわと圧力をかけられ始める

1563年、佐竹の圧力に耐えられなくなった氏治は謙信を裏切り北条に鞍替えをした
この行動は当然上杉を怒らせ、早速小田は佐竹・宇都宮・上杉から攻められる
氏治はまた負けて主城を追われ、土浦城に逃げ込んだ
この時奪われた土地は大半が佐竹のものとなった

がしかし、しばらくして領地奪還のチャンスがやってきた
佐竹義昭が死に、息子の義重が家督を継いだのだ
「当主の代替わりがあった時に攻め込むのは関東じゃご祝儀みたいなもんだよね」
とばかりに氏治は佐竹に取られた旧領に攻め込み、小田城を取り返した

ところが、これが再び軍神をブチ切れさせることになる
「喪も明けてない内から、代替わりがあったばかりの家に攻め込む不義、捨ておけぬ!」
義人謙信に関東の常識など通用しない
小田城は怒りの総攻撃を受けまた落城、氏治はまた土浦城に逃れた
捕らえられた小田の人間は人身売買にかけられたという
謙信はそれほど怒っていたのだ
氏治は結局また、城を二度と修復しないことを条件に上杉に降伏した

しかし上杉に降伏しても佐竹が攻めてこないわけではない
佐竹は徐々に小田の領土を浸食し、たびたび焼き討ちにも現れた
こんな状況では他に方法も無いと謙信に頼み込んで佐竹討伐を願ったが
上杉にとって関東では大事な同盟国である佐竹を謙信は攻めてはくれなかった
小田はこの後、太田資正・梶原景国・真壁氏幹といった佐竹配下の猛将に、
何度もフルボッコにされながら、なんとか小田城を死守していたが
戦に勝てない大将が指揮しているわけだからそれも続かない



266 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 01:01:55 ID:/Ynn8Ghp
1573年、佐竹の猛攻の前に小田城が最後の落城をする。
以降氏治は小田城を奪還できなかった
ここにきても氏治のどうしようもない運の悪さと戦下手は治らなかった
氏治は小田城の奪還にこだわって、それを知る太田資正の采配に踊らされ続けた
負け戦に続く負け戦で、いよいよ残る拠点は藤沢城と土浦城のみになってしまう
小田氏の家臣達は小勢ながらここが死にどころであると奮起し、最期の戦いに討って出た
まず、藤沢城が落ちる
主将・由良憲綱、戸崎長俊等多くの家臣がここに討ち死にした
更に最後の城、土浦城が佐竹軍に完全包囲される
そんな中でも裏切りは少なく、家臣達は沼尻播摩守を屋形の身代わりとし
氏治とその子守治を城から脱出させると城に火を放ち、
16騎の侍大将が佐竹軍に切りかかり討ち死にした
身代わりとなった沼尻播摩守は城内で切腹した

脱出した氏治にもう他に手はない
一路小田原を目指し、北条氏に息子を人質として差し出すと必死に懇願し助けを乞うた
氏治の懇願を北条は聞き届け、北条氏房が土浦城を攻めた
ところがこの土浦城には、佐竹に捕縛され降伏していた旧小田家臣、菅谷範政が入っていた
範政は喜んで再び小田に降り、城をそのまま明け渡した
彼はいまだに小田への忠義に生きていたのだ

なんとか滅亡を免れたものの、隣の佐竹は相変わらず強大だった
ある程度旧領を回復した氏治は、佐竹と相変わらず小さな衝突を繰り返しながら、
協調してみたり、逆らってみたりと、喉元の小骨のような小さな嫌がらせをしていく

この頃になると、佐竹は伊達氏の南下の動きの前に北部へ兵を集中させねばならなくなった
こういうチャンスを狙って、また氏治は旧領奪還を狙う
彼は未だに小田城を取り返すことにこだわっていた
そして今度こそは奪還できるかと思われた
が、しかしここで関東の戦国が突如終了する



267 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 01:03:49 ID:/Ynn8Ghp
秀吉がやってきたのである
親豊臣の佐竹と敵対していた上に北条の勢力下にいて、
しかも秀吉の元に参じなかった小田氏はあっさりと改易された
小田氏治の生涯をかけた戦いはそれですっぱり終わってしまった

全てを失った氏治は娘が結城秀康の側室であったことから秀康の元で客分として迎えられ、
宿敵であった佐竹が関ヶ原で負けた西軍について大騒ぎになっているのを知ってか知らずか
1601年、越前で死んだ

戦国時代の最後の最後まで、弱小ながら戦国大名であり続けたとある主君のお話




268 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 01:10:39 ID:FE+WyjWu
大作乙。いやあ、読み応えがあった。
しかし小田氏治は面白いよね。小田軍記や小田天庵記とか読んでも、確かに不思議なほど
慕われている。
まあ勝ち負けにかかわらず合戦の規模もしょぼいんだけどw

269 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 01:49:53 ID:XNsY/qDS
こんなダメな主君は俺が、俺達が支えなければならん、と思わせるような何かを持っていたんだろうか。

270 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 02:05:37 ID:BtC+atVt
何百年も一所を統治している君主は、
のほほんとしてるだけでも家臣と領民の忠誠を得られるから
あれほど楽な殿様家業はないってマキャベリが言ってた。

271 名前:奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM [sage] 投稿日:2009/11/18(水) 02:14:01 ID:32JWIOEX
総じていい話じゃねえか。

272 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 02:34:21 ID:u9QYrjY8
戦国という時代で戦下手というのはただそれだけで悪い話な気がする。
数々の名家名族が消し飛んでいく中で、ここまでしぶとく、かつ慕われた例も少ないだろうけど。

273 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 02:37:51 ID:GmkDeUGL
敗北は不名誉にあらず、挑むことこそ誉れなれ。
いい話じゃない?


274 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 03:26:22 ID:ccDW416H
まあ小田氏のダメっぷりは今に始まったことではないから
南北朝の頃から藤氏一揆で関東の南朝勢のgdgdにトドメ刺したり

275 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 09:01:50 ID:GmkDeUGL
第二次大戦のネタ、絶対勝てる戦争を思い出した。
日本の兵隊に
アメリカの装備を与え
ドイツの将軍に指揮させて
イタリア軍と戦う。

戦国版なら

三河武士に
織田軍の装備を与え
甲斐衆に奉行させ
上杉謙信を総大将に
小田氏治と戦う

とでもなるかな

276 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/11/18(水) 09:32:18 ID:mQDUpxEv
三河武士の装備は織田と遜色ないよ
というより三河武士の扱いにくさは甲斐衆や上杉謙信でも
手を焼くかと

277 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 09:48:51 ID:3TVozVSA
三河武士だと、大将も三河系じゃないと、めんどくさすぎるんじゃね?
それより、蒲生再生工場出身の軍兵のほうがいいんじゃないんだろうか。

278 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 12:22:41 ID:/Ynn8Ghp
>271
実はいい話と悪い話どちらに投下するか迷ったんだけど
さすがに氏治のgdgd負け戦に果てた家臣達の人数がものすごい多いのと
最後は改易って結果で、結局旧領には戻れなかったからこっちにした

ちなみに一応最後まで生き残った家臣達なんかは
こんなダメっ子氏治に熱い忠誠を貫き通したってことが家康に評価されて
徳川の旗本に取り上げられていたりする
こっちは完全にいい話だね


279 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 12:41:27 ID:bQMvaD6R
某歴史本で言う所の「出ると負け軍師」こと郭図がそのまま大名になったかのようだ

280 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 14:16:58 ID:twxTWgPl
>>278
他に面白い話があったら聞きたいな、小田氏好きになりそう。

281 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 17:57:56 ID:ivetgnbL
>>274
鎌倉……れっきとした清和源氏なのに平家について頼朝襲来、所領没収
室町……嫡流が絶えて後継争い
戦国……関ヶ原を西軍寄りの傍観で秋田に転封、所領半分以下に


ライバルだって結構やらかしてるのに何が違ったんだろうね

282 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 18:12:36 ID:pk8E8897
>>275
真宗門徒に武装させても強いかもしれん。
当時の奴らは死兵と化すからな。
ついでに参謀にクロカン

283 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 18:32:01 ID:KKXOzk1a
>>275
福島正則夫妻みたいな兵を集めて
三歳様プロデュースの鎧を与え、
富田長繁に指揮させれば戦国最強。

284 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 18:34:23 ID:r070R/2p
>富田長繁に指揮させれば
だが何故か敵ではなく味方の指揮官に殺されるという諸刃の剣

285 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 18:59:52 ID:M+8SLtzn
富田さんの体力が底なし過ぎて味方がついていけません

286 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/18(水) 19:08:50 ID:KKXOzk1a
後の辻政信である。

スポンサーサイト





コメント

  1. 名無しさん@お腹いっぱい。 | URL | -

    土浦城にそんな話があったのか・・・
    蓮とお堀が綺麗なお城跡だったよ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    いや~面白かった。
    地方の小大名にもこういった話があるあたりが、戦国時代の魅力の一つだね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    第六天魔王の孫なのに・・・

  4. 人間七七四年 | URL | -

    曾孫だったね、失礼しました

  5. 人間七七四年 | URL | -

    氏治は全然駄目じゃない。
    家臣領民に好かれるのが第一。
    戦に負けるのはどこまでいっても時の運だからな。
    相手が悪かっただけで
    まあ名君の類なんだと思うなー。

  6. 人間七七四年 | URL | Aszvn8R.

    いやぁ流石にここまで百戦百敗の勢いじゃ「運」の一言で片付けるのは無理があるだろw
    不思議と人徳はあったんだろうなぁ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ここから天庵様フィーバーが始まったのか…
    今や天庵様は押しも押されもせぬ戦国アイドルだもんな。その起源となった話が見れて感動
    (o´ω`o)

  8. 人間七七四年 | URL | -

    楽とか言うが信頼得るまでが大変だよな。
    んなガチガチに固めなくても二次で勝てるだろ。他の弱小とかは知らんが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3174-2d16bfc2
この記事へのトラックバック