FC2ブログ

小田氏治、家臣の言葉を聞き入れず

2009年11月22日 00:09

408 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 22:09:41 ID:+Q7cUxT+
小田氏治、家臣の言葉を聞き入れず

一、手這山の戦直前

佐竹義重は小田氏討伐のため真壁道無を派兵した。そして佐竹勢は
「片野に旗を揚げれば氏治は出る」と考えて氏治を挑発した。小田の重臣、
菅谷政貞は怒る氏治を諌めた。

「出陣はいけません!どうかご再考を!」
「駄目だ」

かくして出陣した氏治は見事に惨敗した。家臣の信太伊勢守は
「強も捨てる処あり、弱も用いる処あり。若鳶天狗にならず」と絶望し
出仕しなくなったため逆心を疑われて氏治に成敗された。

二、手這山の戦

戦いのさなか、真壁勢を発見した氏治はこれを叩くため坂を登ろうとした。
しかし、家臣たちは何かがおかしいと感じていたのである。

「真壁勢があまりにも少なすぎます。おそらく本隊は筑波山をまわって
挟み撃ちにするつもりです。早く引き上げるとしましょう」
「駄目だ」

具申を退けた氏治であったが、真壁の鉄砲のために敗北し、筑波山をまわり
こんだ敵本隊と合流した部隊によって小田城を落とされてしまうのだった。

三、手子丸の戦

天正になると小田家の命運も尽き始めていた。そんな時に小田家の智将、
天羽源鉄斎が氏治に遺言を残して死去した。

「よろしいか殿、絶対に野戦はいけませぬぞ。篭城して後詰を待つのです。
考えてもみて下さい、我ら小国が大国とまともに戦えるはずがありません。
国力に差があるのに一人が一人と戦って勝てますか?しかし篭城なら一人で
二十人と戦えるのです。ですから常に守勢にお立ちになることが重要なのです」

天羽の死を見た佐竹は手子生城に出兵した。

「ついに佐竹が攻めてきました。ここは亡き源鉄斎殿に従い篭…」
「駄目だ」

天羽の遺言を無視して出陣した氏治であったが、佐竹に挟撃されて敗北。
氏治はほうほうの体で逃げ戻った。




409 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 22:16:20 ID:hp9iF3FP
家臣はこいつのどこに惹かれて仕えていたんだw

410 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 22:17:37 ID:gtSsrHk+
>>408
なんでこれで人望あるんだろうなww
わかんねー

411 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 22:22:34 ID:1l2mm3HS
まあ、「源平以来の名家の当主」としての矜持を感じないでもないがw


412 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 22:23:44 ID:PnUPVpKi
氏治本人になにかとてつもない魅力があったのか
それともあくまでも氏治本人ではなく「小田家」に忠を尽くしていたのか

前者だと思いたい俺は氏治に毒されてきたようだ


413 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 22:26:31 ID:8PzckN6h
むしろ家臣が押し切られすぎだろ
黒田さんちのボロクソ苦言が必要だった

414 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 22:27:07 ID:MMg1Coy8
ここで氏治をネタ扱いしてる奴らも、いざ小田家の危機とあれば全国どこからでも駆けつけるんだろ?

417 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 22:44:39 ID:hp9iF3FP
>>414
ここにいるぞ!

418 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 22:57:08 ID:e63x8IoT
菅谷政貞 「あんな殿だからこそ」
天羽源鉄斎「我々が支えなければと…」

立花道雪 「あー、わかるわかる。」
高橋紹雲 「他人とは思えませんな…」

419 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 22:59:00 ID:fRiqtSZL
12/06(日)1030~ 1330~(同内容)
小田城址確認調査現地説明会

同日には真壁城址発掘調査現地説明会もあります。

興味があるかたはどうぞ。

420 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 23:27:41 ID:IQMeC2wu
>>408
戦の天才すぎるw
俺でもまだマシな采配が出来るんじゃないかと思えるくらいw

421 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 23:32:45 ID:LbAjErL5
>>408
このあふれでる決断力はどこから来るんだろうw

422 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 23:45:04 ID:7+VpcI3Y
氏治は劉備みたいなもんだろ

晩年の劉備みたいに他を圧倒するような謀臣や武将がおらんかった

423 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/20(金) 23:55:20 ID:+Q7cUxT+
>>408
すいません。
最後から五行目の手子丸城は手子生城の間違いです。

424 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/21(土) 00:15:53 ID:jyXk6zye
>>418
下二人の殿は、それなりに有能だろ。

私生活はあれだがw

426 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/11/21(土) 00:26:10 ID:aTJyDsrv
以前自分が読んだ光栄の武将本に上杉憲政は百戦百敗の武将と書いてあった覚えがあります。
もしかしたら小田氏治ばりの武勇伝もあるかも知れないね。誰かご存知ないだろうか・・・

427 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/21(土) 00:36:57 ID:e9WL7EbM
俺が住んでる近くで死んだわ
最後は宿敵・北条の息子と一緒に、あの世逝くとは想像してなかったろうな

432 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/11/21(土) 11:38:40 ID:/eZCR66M
三楽ちゃんは伊達を出し抜いて蘆名へ佐竹義広を養子に送り込むのに成功したり
佐竹に内緒で直接に秀吉にレターしてたが、
佐竹も三楽ちゃんま~た内緒で勝手にやってるけど、三楽ちゃんならまあいいかってな感じだったな。
もっとも肝心な時に息子の梶原が北条に内通しちゃったりw
最晩年に小田原攻めの際に秀吉に「小田原城あまく見ちゃいけないんだから」って言って
不興を買っちゃった。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    劉備って用兵はかなり上等の部類だろ

    単純に戦下手な氏治さんと一緒にしたらイカン

    出ると負けの用兵下手君主つうことで三國志に絡めたいなら、曹丕か孫権が当てはまるだろうな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    皇帝二人と一地方の主を比べるのか・・・

  3. 人間七七四年 | URL | -

    単純に考えて戦以外で才能を発揮してたんでないの?
    そういう人って、結構いるし

  4. 人間七七四年 | URL | -

    もっと単純に考えて萌えキャラだったんだよきっと。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    小田氏治といえばSFC天翔記で自分しかいないのになぜか滅びない奴だよな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3198-62a47709
この記事へのトラックバック