FC2ブログ

島原の乱、芦塚忠右衛門の策と松平信綱

2009年11月25日 00:13

569 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/24(火) 17:47:32 ID:WOMkoNTq
島原の乱の討伐に、知恵伊豆こと松平信綱が派遣された頃の話。

すでに、籠城する一揆軍は兵糧不足に陥り、困窮していた。
一揆の大将に、芦塚忠右衛門という者がいて、彼は様々に考え、一計を案じた。
城門の外で戦い、引き上げる際に兵糧をわざと残していく。
そうすれば、敵は籠城方の食糧潤沢と見て、兵糧攻めをとらないだろう。
彼はそう読み、三十ばかりも腰兵糧を置いていった。

さて、この報告を受けた幕府軍の本陣。
首脳達はさぞ動揺し……なかった。
「一揆衆って勇猛かと思ってたけど全然たいしたことないなw
さすが百姓、撤退戦で 狼 狽 し て 兵糧捨てて逃げやがったw」
なんの疑問もなく、一揆衆が総崩れしたと思い込む首脳陣。
知恵伊豆も「兵糧捨てるとかありえないねw」と一緒に笑う始末だった。

後からこれを聞いた人々は、
知恵伊豆は、世事には長けているが戦はてんで疎い、
芦塚という者も、通じもしない相手に策を練って、兵糧だけ失うとは、
と双方をあげつらったそうである。




572 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/24(火) 20:45:51 ID:n8CGIwPv
>>569
芦塚さんも考えた時はノリノリだったんだろうなw

横山三国志で「策とは相手の知能を見て立てるものです」みたいなことを孔明さんが言ってたな。

574 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 00:40:57 ID:76ZWb+9K
>>572
 「知恵伊豆」の知恵は殆ど政治専門で軍略は糞だったでござる。
 ってことか。

575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 00:45:25 ID:xlxJDe4X
正直、芦塚忠右衛門のやったこと自体が、江戸期の、しかも中期以降の軍学の臭いが強くて、
とてもじゃないが実戦的じゃないけどね。

576 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 03:49:07 ID:PiIPO0i3
戦談議は漏らしてでも聞けという時代でもないからな、仕方ないでしょ。

577 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 07:34:59 ID:KhORnkew
古い戦術だろうと使い方では役立つし
むしろ一揆軍の中にこうして知恵を働かせた人物がいた方が驚いた

578 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 07:53:44 ID:DTispAUH
一揆軍と言ってもも中核は元武士の浪人達だからね

579 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 08:32:24 ID:QAxoFcp1
でもしっかり兵糧攻めは続けているわな

580 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 09:08:34 ID:WItJaofx
>569の逸話の知恵伊豆は、「兵糧を捨てていくということがまずあり得ない」という点から、
城側の混乱や、軍事知識のなさを悟って笑ったってことじゃないのか?

知恵伊豆の揶揄されっぷりといい、かなり創作臭い。

581 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 10:38:39 ID:31AXLFR+
というか、城方が打って出るのに兵糧持って出るってのはありえるのかな。
携帯していった分がボロボロこぼれたんだとしたらみっともないし、
わざわざ荷駄を押し出してたりしたら相当間の抜けた話ということに……


582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 12:34:19 ID:qWDrAPq8
腰兵糧って弁当みたいなものかな?
島原の乱には有馬家の遺臣とかが参加してて普通の百姓一揆では
なかったそうだけど、なんか追い詰められっぷりが痛々しくて泣ける

遠回しに「禄の少ない文官を総大将で投入って馬鹿じゃねーの」って
幕閣への批判もあったのかねえ

583 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 13:39:29 ID:oPhm01Q3
>腰兵糧
大名家によって違うけど、戦闘中にでも食べられる簡易食事。
当日の朝に作った握り飯だったり、干飯や焼き味噌、芋茎とか、
いつでもどんな状況でも食える携帯食料。
現代で言うならカ○リーメイトあたり。

584 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 13:44:33 ID:O0ucLJ5a
今日は大事な作戦の日だ!

さあパスタを茹でよう

585 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 14:18:07 ID:BhxV/7Qk
>>584
ヴェネチアーノ 乙

586 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 15:49:52 ID:bLofNM9w
今度は伊太利亜抜きで戦ろうぜ!

587 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 16:22:23 ID:/zurrEmc
そういえばちょっと前に今川氏真に最後まで仕えた朝比奈泰朝さんちが
先祖代々伝えていた朝比奈ちまきっていう、
兵糧向けのちまきを地元の人が再現した
っていうニュース見たなあ
家康にも供されたことがあるんだそうな

588 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 16:59:24 ID:qWDrAPq8
>>583
カ□リーメイトw
・・・大事な食糧を捨てて逃げたつもりが、武士達の目には
食物に見えないくらい粗末だったというオチだったら号泣する(´・ω・)
島原はほんと切なすぎる

589 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 17:19:17 ID:hJKQ2rJ5
>>587
朝比奈泰朝さん好きだー
こういって歴史の陰に埋もれて行った人たちは史料が少ないのが困る

小田さんとこでいうと菅谷さんポジだな

591 名前:581[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 17:44:09 ID:31AXLFR+
むぅ、「腰」の一文字を見落としていた
恥ずかしいわ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人生七十四年 | URL | -

    この知恵伊豆は空城計にも普通に突撃しそうだな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    実際に一揆軍は兵糧不足になってたわけだし、
    知恵伊豆さんは色々な情報を集めて総合的に判断してたんじゃないのかなあ
    そんな小細工で騙せると思う方が知恵が足りない気がする

  3. 人間七七四年 | URL | -

    「捨て置かれるのを見て逆に見抜き、兵糧攻めを率先して行った。」とかいう展開ならば良かったのに。
    未来から見てるせいかもしれんが、そのときに相手が一番厭がる策を取れてない時点で優秀では無い気がする。

  4. 名無しさん@お腹いっぱい。 | URL | -

    野戦で兵糧が残された際の「常識的判断」というのは実際にはどっちに寄っていたんだろうね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    単に知恵伊豆は一揆軍を甘くみてたんだろうね。

    ていうか兵糧がいっぱいあるからって落としはしない気が…。

  6. 人間七七四年 | URL | 6Q0aW8YQ

    少なくとも知恵伊豆は軍才あるようにはまったく見えんからなあ
    まあ大軍に兵法なしとも言うし、下手に小細工好きな総大将よりはいいかもしれんが

  7. 人間七七四年 | URL | -

    戦後の仮想戦記ブームみたいなもので、「こうやってればあそこで勝てた」みたいな脳内詭計が溢れた人だったんだろうなあ。
    そうはうまくいかんということか。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    あげつらってる方が、まともに状況見てるとも限らんしね。

  9. 人間七七四年 | URL | IwZaysKE

    管理人さま
    >>590は3218へのコメントです
    移動お願いします

  10. まとめ管理人 | URL | -

    ※9
    ご指摘有難うございます。直しておきました!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3219-083f597d
この記事へのトラックバック