FC2ブログ

蒲生氏郷と伊達政宗の、初対面にて

2009年11月27日 00:13

596 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 22:56:02 ID:xlxJDe4X
天正18年(1590)、会津を拝領した蒲生氏郷は、奥州、葛西大崎一揆への対応を協議するため
伊達政宗が陣する吉岡に出向いた。これが氏郷と政宗の初対面であり、
かねてよりその野心を大いに噂される政宗の元に赴くことに、氏郷に同行した
蒲生家中の面々は、あの鴻門の会もかくや、というほどの強烈な緊張下にあった。

両雄対面し挨拶、そして一揆の状況分析、ならびにその対応策を話し合い、
双方の作戦を決める。何事もなくすんだ。ここまでは。

会議が終わると政宗より、「少し時間は早いが」と、饗応が出た。
伊達、蒲生双方の家中、定められた座に座り、そこに膳が並べられた。

さて、この時、蒲生家中の末席に、あの蒲生郷舎もいた。

会食が始まらんとした時、郷舎、突然立ち上がると、政宗、氏郷の座のほうに
つかつかと歩み寄り、先ず政宗の前に据えられた膳を取り上げ、さらに
氏郷の前に据えられた膳を取り上げると、それぞれを取替えて再び置きなおした。
そうして政宗に向かって

「このような軍門における会見では、茶を飲み酒を酌み交わすことすら
互いに疑い深くなっているものです。
そういった疑いを晴らすためあえて、このような事をいたしました。
どうか私の出すぎた無礼とお考えになりませぬよう、お願いいたします。」

と、あくまで座の興を冷まさぬよう、朗らかに言った。

これに政宗

「ぬう!?突然持病が!!すまぬが、今日はこれで失礼いたす!」

と、その場を立ち去ってしまったと言うことである。




598 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 23:02:13 ID:SLQraHzo
>>596
 流石は政宗……でいいのかな?


599 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 23:32:08 ID:hJKQ2rJ5
>>596
政宗の行動は容疑を認めているようなもんだろw
こんな小物臭がするのに戦国生き抜いたのは凄い

600 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 23:36:28 ID:4v4PSgvW
>>596
王道を行く蒲生さんと比べると
腹黒いうえにやり方がせこいんだよな。

601 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 00:13:18 ID:0bjJYWl/
>>600
どっちも当時の武将のなかでは、かなり優れた人物といっていいと思うけど、
そのベクトルが全然違うというのが面白いなw

602 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 00:14:36 ID:7lTB7ILI
その話、大河の独眼竜でみた。元ネタ逸話ってあったのか。
大河じゃ、その後蒲生の人達が怒って帰って行って、政宗達が笑いながら
毒疑惑の飯喰ってたんだけど。
大河だと結局毒盛ってないのに、なんでわざわざ疑われる様な事したのか、未だに謎なんだ


604 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 01:23:30 ID:QNEsUTh9
>>602
毒殺疑ってびびってろよpgrって感じの嫌がらせだとおもww
ほんとに毒盛ったりしてたら取り潰してくださいって言ってるようなもんだしね。

609 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 08:03:41 ID:2gOcS1ec
>>596
似たような内容をどっかで聞いた事があるな
ただ、登場人物は伊達と蒲生じゃなかったと思ったけど

これも一種のテンプレかなぁ?

610 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 08:05:31 ID:bBvGnIKE
伊達が出てくるといい話でも必ず悪いオチがでてくるんだな。

611 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 09:32:34 ID:0Uev2M0k
>>609
まーくんは、トンデモ話テンプレに、ほぼ必ず当てはめられてる気がする。
それだけ昔から、良くも悪くも人気があったということなんだろうね。

612 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 09:32:39 ID:Kf28vwj0
>>596
この話、本当かな?
毒を盛ってます、ってバレバレだし。

できれば出典を教えてほしい。

619 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 17:04:01 ID:7FiLlgLs
>>612
出典は「会津四家合考」です。

639 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 23:53:52 ID:Kf28vwj0
>>619
ありがとう。

『会津四家合考』ねえ、会津は伊達が一時占領した後、奥州仕置きですぐに没収になり、
蒲生が来て、江戸時代は会津松平。
その会津松平の人間がまとめた史料なわけだけど、四家とは蘆名・伊達・蒲生・上杉で、
伊達に滅ぼされた蘆名や、伊達と敵対していた蒲生・上杉の旧領とくれば、
政宗を良く書くはずが無いな。

640 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/27(金) 00:01:49 ID:sLekUwFz
家や国の立場で同じ出来事でも内容がかなり違ってくるのは地味に面白い

641 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/27(金) 00:16:37 ID:IiICFUvM
「会津四家合考」は、政宗が他の蘆名、蒲生、上杉の三家から
どれだけ嫌われていたかを知ることの出来る貴重な本w

642 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/27(金) 01:52:09 ID:UYxJFsck
親戚に難癖つけてまでケンカするやつだ

赤の他人にはキチガイにしか見えなかったんじゃないか?

643 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/27(金) 07:24:55 ID:GcoYE61i
まぁ古今東西、隣国ってのは仲が悪くなるもんだからね
おまけに著書する側の印象も入るし

644 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/11/27(金) 08:24:14 ID:SK+r99E+
成りあがりに成功した伊達に比べて
蘆名蒲生上杉は落ちぶれたから、
多少のやっかみもあるだろうしな。

>著書する側
制作した会津松平家(向井吉重)も伊達の隣国だったと思った。

646 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/27(金) 09:18:29 ID:sPCx45Og
>>639
加藤涙目


653 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/11/27(金) 12:10:54 ID:SK+r99E+
でも結局はピンチは全部切り抜けてるんだから不思議。
何だかんだでやっぱり人望があったのか(好き嫌いの別れるタイプだがw)
ピンチも一人で切り抜けるだけの機転がきいたのか…
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    へうげものの殴り合いバトルが思い出される(笑)。
    この二人はタイプ的に正反対っぽいから合わないだろうねぇ。
    しかし、実際に氏郷が死んだときに政宗犯人説まであったくらいだから、
    当時から何かしらまーくんは疑われるネタ満載だったんやろうな。
    ま、自分で蒔いた種だけどww

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉の時代になんかやらかしても、なんだかんだで某大権現さんに泣きついてるしなw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    まー君てホント「憎まれっ子世に憚る」って言葉がしっくりくるなぁ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    蒲生氏舎、グッジョブ!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    間違えた。蒲生郷舎だった。↓

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3234-40c1cb05
この記事へのトラックバック