小野寺義道、1645年書状

2009年12月11日 00:12

30 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/10(木) 17:57:09 ID:8gDX3tE+
かつて横手を領した小野寺義道は、関ヶ原の戦い後に石州津和野へ流された。
恩人・坂崎直盛の供養が有名だが、その後も彼は生き続けている。
彼はたびたび、佐竹氏に仕官した旧臣に書状を送り、羽後の近況を尋ねていた。

そのうちの一通、1645年の書状はこんな内容だった。
「この短冊を、形見として送る。
 自慢するようだが、私の書いた短冊はあちこちから所望されるのだ。嘘ではない。
 頼まれれば否とも言えないので、流人である恥も構わず書き与えている。
 出雲や長門、安芸などからも地紙を届けてくるから、もう百枚は書いただろう。
 これは余人には言わないでくれ。
 六郷のやつは運がいいな(羽後から常陸へ移封されたが、後に国内に戻れた)。
 由利衆の面々はどうしているか、まるで知らないから、詳しく教えてほしい。
 私に仕えていた者などは、大抵死んでしまっただろうな。
 誰が生きているのか、詳しいことを聞きたい」

この書状の日付から10日余後、
恐らくは最期まで故郷を思いながら、義道は80歳で死去した。




31 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/10(木) 18:07:26 ID:l9LCPUt+
>>30
小田氏治「他人事とは思えない」

32 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/10(木) 19:10:37 ID:izVB9wIP
返事は読めなんだか・・・

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    小野寺さんというとナムコのファミコンゲー独眼竜正宗でいつも東北最強勢力(ラスボス)になってるイメージがw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    懐かしいなw

  3. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    管理人さん、このエントリ「小野寺家」下の小野寺義道と統合なすってはいかがかと

  4. 人間七七四年 | URL | -

    気遣われた家臣の方も遠い地で慕ってたりするんだよな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3305-79a77efe
この記事へのトラックバック