FC2ブログ

長宗我部盛親、板倉勝重の尋問に

2009年12月18日 00:13

118 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/17(木) 09:58:27 ID:WKfhg8Bs
いい話といえばそうなんだけど、語っている内容自体は別にいい話でも無いので
こっちに。


大阪夏の陣による大阪落城後、捕らえられた長宗我部盛親は、二条城において
板倉勝重の尋問を受けた。
このとき板倉

「実際に戦ったあなたから見て、幕府方において最も軍功が優れていたのは
どなただと思いましたか?
それから、夏の陣における大阪方の敗北のきっかけは、何であったと考えますか?」

と、質問をした。これに盛親、

「幕府方で軍功最も優れていたのは、井伊掃部頭(直孝)殿でしょう。
そして大阪の敗北のきっかけ…、それは、わたくしです。」

「盛親殿が?」

「はい。5月6日の合戦(八尾・若江の戦い)、あの時幕府方の先手は藤堂和泉守(高虎)殿と
井伊掃部頭殿、大阪方の先陣は木村長門守(重成)殿と、この、盛親でありました。
長門守殿は井伊殿の部隊に当たり、私は藤堂殿の部隊と対峙しました。

『天晴れ高虎を討って忠勤に備えん』、そう意気込んでいましたが、長門守殿が
不意に討死し、その部隊が壊乱した為、それに当たっていた井伊殿の軍勢に、
我が部隊の横合いから攻めかかられました。これにより我々は、この合戦に
敗北したのでありますが、この敗北の影響は大きく、大阪方では多くが逃亡し、
軍隊として崩壊してしまったのです。

すなわち、大阪が落城した原因の第一は、私の敗北にあるのです。」

敗北の責任は自分にある。そう言い切った盛親に、板倉は大いに感銘を受けたと言う。




125 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/17(木) 19:32:40 ID:CVV1MnXC
>>118
盛親かっこいいなー、信親兄貴さえ健在なら改易されなかったろうに
盛親って浪人七衆じゃ一番の大身で、幸村の真田丸に兵貸してたんだっけ

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    盛親って君主にならず1武将として生きて(なおかつ少し早く生まれてれば)ひとかどの武将として島津兄弟程は無理にしてもなかなかの評判を得れたんじゃないだろうか
    政治がそこそこ優秀だけど戦下手の氏真の逆バージョンな気がする
    本当に信親さんの死は悔やまれるな
    仙石のアホが…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    某動画の辞典での書かれ方は胸くそ悪くなる

  3. 人間七七四年 | URL | EUNAF6xU

    知らんがな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    どうして、「信親兄貴さえ健在なら改易され無い」になるの?

    そのせいで親が狂ったからと言っても、他の兄弟は養子に出てたんだから、残った元親が家継のは普通の事だと思うし。

    元々改易された理由は、元親が東軍に付いた兄弟ぶった切ったからでしょ?別に兄弟が戦死したからと言って改易されないって論法は可笑しいよ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    とりあえず、元親と盛親間違えるなよ
    わかりづらいわ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    信親が死ななければ、ってifでの話なのに
    盛親の後継は自然だの、兄を殺しただのと、信親の死と盛親の相続の結果起こったことを持ち出しても意味ないよ。
    実際、普通に信親が継いでたかは誰にも分からないが。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    文字間違いはともかく。言っている事は分かる積り。大体毛利家と同じ事だろ?
    養子に出したって事は、本家を支える為でしょ?養子に出した人間が戻れば混乱を招く可能性が有る。

    だから、本家に残っていた盛親が後継ぎになったとしても不思議じゃない。

    また、125氏の言う「兄が生存なら改易は無い」と言うのが引っ掛かったのは、兄が生きていようと、結局西軍に付けば改易されただろうと言う訳でしょ。

    後、余計な御世話だけど。歴史の逸話に対して突っ込むのは有る意味ココでは無粋だけど。125氏と上の人。歴史に「if」を前提に話を持ち込むのは無意味だよ?事実がもう出てるんだから。ま・確かに兄貴が継げたのかも絶対では無いんだけどね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >歴史に「if」を前提に話を持ち込むのは無意味だよ?
    学問としては同意できるけど、趣味としてifを語るのはいいんじゃないかな。

    多分、125の人が言いたかったのは
    信親健在なら、多分改易原因の御家騒動が起きなかった可能性が高いって事を言いたいんだと思う。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    いや、信親が生きてれば信親が長宗我部家を継いでたのは確実だろ
    あれだけ溺愛していた長男を差し置いて、”生きていても四男が世継ぎになっていた”という発想が理解できないんだけど…どういうこと?
    信親は養子になんていってないよね?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    「信親健在でも四男が世継ぎ」なんて話にはなってないのでは
    信親が生きてたら、盛親も君主にならず一武将としてもっと違う生き方があったんじゃないかってことじゃないの?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3353-9ccbd306
この記事へのトラックバック