FC2ブログ

雑談・戦国の酒、パンについて

2009年12月23日 00:04

289 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 15:23:21 ID:7JxY9Yka
戦国武将の逸話っていい話悪い話どっちも酒飲んでるシーンがたくさんでてくるけど
戦国時代の人で体質的に酒飲めない人っていなかったのかな?
戦国大名から一騎がけの武士までみんな浴びるように飲んでるイメージがあって
酒に弱い人がいないんじゃないかと思えてしまうんだけど
現代人でいうところの梅酒やビール一杯で一晩中吐き気に苦しむし酒に酔う=吐き気+頭痛で
酒に酔うのが気持ちいいなんて経験したこともないから
飲酒は罰ゲームとしか思えないってかんじの人っていなかったんだろうか?
酒が飲めない人は現代以上につらく厳しい時代だったのかな?




290 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 15:31:29 ID:LUH5kywv
今程清酒の技術が発達してないからアルコール度数弱くて殆ど水だったんじゃなかったか?>酒

291 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 16:03:45 ID:BDILQLDI
信頼には値しない話でいくと光秀が下戸なのに無理やり飲まされて信長を恨んだとか、
幾分信頼性の高い話でいくと、甘いもの好きな信長はフロイスの接待のときも酒を飲まなかったとか。

292 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 16:17:31 ID:SYiYRNj5
アル中で家族亡くしてる元就も飲まなかったんじゃなかった?


295 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 16:48:37 ID:RWdERj4f
醸造がすすまないと考えたら、今よりアルコール控えめで甘い酒が主流だったのかな。
下戸だったと伝わる人って本当に>289な人だったんじゃないかね。

スコッチ派の俺は現代人で本当に良かった。

296 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 17:03:52 ID:HehlvT1Q
ってか当時はみりん飲んでたんじゃなかったっけ?

297 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 17:08:40 ID:vWeUBZyG
>>290
それは水で薄めて売っていた話と混同してるのでは?
アルコール化が進んでいないとしても、それは残った糖分や乳酸が大量にあるということだから
酸味や甘味が強くなる。水みたいってことはない。

それに、高級品として現在の清酒と変わらないもの(澄み酒とか呼んでたらしい)も作られていたし、
戦国時代も末になれば蒸留酒も造られていたはず。

298 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 18:06:04 ID:7JxY9Yka
あー、なるほど・・・
現代の酒よりアルコール控えめで飲みやすかったのか
じゃ、現代の酒だったならあまり飲めないって人もいたんだろうなぁ。
日本人は実はあまりお酒強くない体質って話も本当か嘘か知らんけど昔に聞いたことがあるから。

そういえば宣教師だったかがミサか何かに使おうとしてお酒を前日に買っておいたら
翌日お酢になっていたって話もどっかで聞いたことがあるような。
宣教師はワインの作り方とかパンの作り方とかあっちのほうの食品は伝えなかったんかな?
なんとなく信長とかがワインみたいの飲んでるイメージはあるけど
パン好きで食ってたって大名や戦国時代のパン屋さんとかは聞いたことがないし。

299 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 18:34:56 ID:CKWnxHnw
日本人ならコメ 腹持ちいいし
世界でもコメのとれる所は人口が多かったって聞いた

300 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 18:35:04 ID:HehlvT1Q
ワインの作り方といっても原料のブドウがそもそも手に入らないだろう
十六文先生が栽培したって記録があるらしいが(誰か調べてくれ)
それもブドウの品種自体違うだろうし
ワインにしてもパンにしてもイースト菌が必要だ

301 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 18:46:15 ID:NS4hgffn
焼酎くらい振舞えよとかなんとかの職人の落書きが残っていたのっていつのだったっけ?

302 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 18:48:27 ID:TwvT88e/
西洋の船はパン種を持って航海していたんじゃなかったっけ。
あとキリスト教の儀式で、聖餅として一種のパンを使うし、
全く無かったわけではないのでは。

303 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 18:53:31 ID:HehlvT1Q
>>301
これか
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2585.html
戦国半ばぐらいかな?

304 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 19:00:11 ID:9HDy/OEe
ザビエルは日本でパン作りをしたらしい。

パンじゃないけど、金平糖やカステラ以外にもボーロやビスケット、
ケジャト(チーズケーキみたいらしい)など伝わっており
キリシタンたちはクリスマスには信者以外も参加自由のパーティーを開いて、
菓子を作って配ったり劇をしたりして祝ったらしい。

江戸時代の蘭癖大名はパン好きで食ってたってどこかで見たような。

305 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 19:11:35 ID:KIOJ6AKE
前テレビでなんかどっかの大名家の資料に残ってたやつの再現とかいうので
酒粕か何か使った江戸時代のパン作ってるの見たよ
ワイン作ってたかは不明だが、干し葡萄はあったという話を見た覚えはあるけど(うろ

306 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:23:42 ID:Zs7DZ+jh
酒も現在のものとは違うけど、茶も違うんだったっけ、
明るい緑の緑茶は江戸時代に製法が発明されたもので、
戦国時代に茶道で使われていたものはどんな色だったかよく分かってないとか

307 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 21:05:05 ID:WbjooeIa
当時は濁り酒が主流
火入れの記録は永禄11年にある
佐竹家の記録に御酒之日記ってのがあって、これの成立時期がもっと早いらしいから
16世紀はじめから半ばには清酒に近いものが造られてるらしい

ちなみに鴻池家では、七難八苦の男の子供・山中新六が江戸に清酒を運んで
大もうけしたという伝承がある

309 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 21:24:11 ID:cIq8qww7
そういやDQ眼竜が柳生さんとこから杜氏を招いて
葡萄酒とか色々作らせてたとかいう話があったね
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2945.html

310 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/22(火) 23:24:08 ID:LvYbHjbI
>>305
多分鉄腕DASHかな。
確か斉昭時代の水戸藩の資料から当時のパンを再現してた。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    日本人みんなが毎晩晩酌できるようになったのは
    ここ4、50年くらいのことだそうだ。
    それまでは酒は高級品で、宴席や神事など
    特別な日に楽しむものだったとか。
    昔は貧しかったからねぇ。

    それから、当時の宴席は、会食が終わってから酒が出るのが一般的だった。
    現在のようにまず乾杯して、しめにご飯ものを食べるようになったのは明治以降。
    下戸の人にとっては、昔の方が暮らしやすかったかもね。

  2. 人間七七四年 | URL | HfMzn2gY

    それは家で酒類作っちゃダメっていう法律ができて、買わないと飲めなくなってからでは?
    それでも隠れて作ってたとこは多いけどね
    昔は普通に家で焼酎だの何だの作って飲んでたもんだよ
    まぁ清酒みたいな手間かかる酒は高級品だけど、田舎だと濁酒くらいは家で作ってたってうちの爺ちゃんが言ってた

  3. 人間七七四年 | URL | -

    雑兵に一度にたくさんの米を渡すと、すぐ酒にしちゃうから
    その日食べる分しか渡さない、なんて話もあるくらいだしね。
    酒自体はそこまで高級品ってわけでは無かったかと。

  4. 人間七七四年 | URL | qE.xeqmQ

    元禄の江戸に限って見ても一人当たり酒の消費量が年間54リットルもあるらしい
    下りものでなければそこまで高いものでもないようですよ

  5. もぐりの名無しさん | URL | -

    当時の酒は不純物の関係で悪酔いするって聞いたことがあるな。

    濁り酒つーかどぶろくが多いんでないかい?

  6. 人間七七四年 | URL | b5.M5V.g

    当時の一般的な酒であった濁り酒は甘みがあって口当たりは良いが、アルコール度数は清酒と変わらない。
    悪酔いするのは口当たりが良いので呑み過ぎる為。

    曹操がレシピ付きで書き残した九醞春酒法が日本酒とほぼ同じ醸造法なんだよな。
    製法自体は仏教伝来などと同時期に饅頭などと一緒に入って来たのかな。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば、水戸で古代に存在してたチーズを再現しようと
    江戸時代に奮闘してたって話があるなぁ
    思いっきり筋違いだけどね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3370-7ccd2f67
この記事へのトラックバック