FC2ブログ

船が大嫌いな鍋島直茂

2009年12月30日 01:11

649 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/29(火) 04:01:33 ID:aaJMMkAq
part5にも概要がありましたが、葉隠の鍋島直茂ネタ。

船が大嫌いな鍋島直茂。船の匂いも磯の香りも大嫌い。
そんな直茂が上方から佐賀に帰る船旅のお話。

当初順風だったが、海はやがて大荒れとなり、船の舵まで壊れて荒天の中を漂流する始末。
もう現在地がどこかも分からない。
かなりヤバイ状況だったようで、家臣の藤島生益は直茂を船室から連れ出すと、直茂を船の欄干に掴まらせ、
お付きの持永助左衛門にも直茂をだき止める形で欄干に取り付かせた。
生益「いいですか、絶対に手をはなさないように」

揺れる船の中、そのうち直茂が吐き、助左衛門が吐き、二人してゲロまみれ、見るも無残な状況に・・・。
「いやー、「兎の子取ろ」(←子供の遊びらしい)のようですな、はっはっは。」
と軽口を叩く生益。二人はきっと笑えなかったに違いない。

しばらくして少し波風も弱まったころ、僚船が近くを通り過ぎていくのが見えた直茂、
大声でこっちに来いと叫ぶが、僚船は素通り。
直茂「ムキーーーッ!港についたらあいつは切腹!氏ね!」 
生益「いやいや、この天候じゃ寄せるのは無理ですよ。」 
キレる直茂となだめる生益。
その後、また天候が悪くなり、予備の楫も破損し船はまた漂流を始めてしまった。

直茂「ちょ、また舵が壊れたのかよ!?」
家臣A「え?いや。誰かが板を踏み折ったんじゃないですか。」
直茂「適当こいてんじゃねーよ、わかるんだよ、ふざけんなよ氏ねよ!」

どうもこの時は沈む寸前だったらしく、直茂はもう覚悟を決めていたようだ。

直茂「生益、脇差を持ってきてくれ」
生益「いよいよとなればお持ちしますが、もう少し待ってください」
直茂「頼む。死んで岸に流された時に、鍋島加賀守が丸腰とは末代までの恥辱じゃ」
生益(あー、もう。この人に脇差渡したら沈む前に自決するだろーなー。)
脇差の件は無視し、船底の米俵を紐で結び海中にぶら下げたところ、少しは揺れも収まったため、
直茂も少し安心してきた様子。

そうこうするうちに夜も明け、播州明石手前の沖合500mあたりにいることが判り一安心。
波風も静まってきた頃に、上陸し事なきを得た一行であった。

帰国後、生益がこのときの様子を直茂家族一同の前で詳しく話したところ
奥さん(陽泰院)には泣いて感謝され、息子で当主の勝茂からは加増を賜った。

同席していた直茂
「いやいや、今聞くと笑えるけど、ヤバかったんだよ。
 脇差受け取ったら喉をついて死ぬ気マンマンだったのに、こいつ渡さないし。
 その時はけしからん奴だと思ったが、今は良かったと思う。」←本当だよ

もちろん直茂の船を素通りした僚船乗員にもお咎めはなかった。

後日の生益。
自分の孫にその時素通りした船には誰が乗っていたのか聞かれた時
「直茂公も口にされないことを、ワシが言うと思うかバカもん。」
と怒ったそうな。




651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/29(火) 07:49:05 ID:MF5AAGNs
>>649
どこかで聞いたことあるかと思ったら「死ぬことと見つけたり」に採用されていたエピソードか
葉隠ってエピソード集としては抜群に面白いなw

652 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/29(火) 09:57:47 ID:egpLh/c9
>>649
ヤべー声に出して笑ってしまったwwww

653 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/29(火) 11:00:52 ID:y86l1xx6
>>649
あれ、孫とのやりとりに本多家が被って見えるw

654 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/29(火) 12:41:16 ID:ynyTObyz
>>632
金箔を貼ったド派手なケチ親父の兜の方が有名なのに
何故に息子の方を?

655 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/29(火) 13:17:44 ID:WauPSlTL
>>649
大阪から船出して、兵庫県沖で遭難しちゃうんだ。昔の船旅は大変だねえ。

656 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/29(火) 14:43:50 ID:ZZkmwf8k
>>649
やだ、直茂ったら可愛いw

657 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/29(火) 15:26:53 ID:lHNvsxMn
明石手前ってことは明石海峡のあたり
時化と潮の干満がかぶったら現在でもやばい

658 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/29(火) 21:58:06 ID:a/NvTb7t
生益さんの妙な冷静さもかわいい

659 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/30(水) 00:37:39 ID:DV4z/6/G
ひどい船酔いになると死にたくなる。マジで。

鍋島直茂、船酔いを苦に自刃。
とかならなくてよかったね。

660 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/30(水) 12:40:46 ID:Sn9mauPn
冷酷無比な御家老のイメージが音を立てて崩壊してるぜw
直茂かわいいよ、直茂

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    直茂って知略に優れてるから堅そうに思えるけど、嫁とのエピソードとか読んでも結構お茶目だよね。

  2. 創造力有る名無しさん | URL | -

    お堅いイメージの人がうろたえる話ってなんでこんなに面白いんだろww

  3. 人間七七四年 | URL | -

    かいこさんのWEBサイト(左のフレームにリンクがあるよ)でもこのネタ取り上げられてたな 猫直茂さんが可愛かったw

  4. 某やる夫スレ読者 | URL | AnkR3tdg

    これ書いたの阿部さんだろw

  5. 人間六七四年 | URL | -

    >船底の米俵を紐で結び海中にぶら下げたところ

    ・・・米は腐らなかったんだろうか。
    いやまあ、米に代わりはあるけど命(しかも大名)の代わりはないもんな。
    でも確か米って当時通貨の代わりだったと記憶しているが。いやいや、でもやはり命あっての物種というし・・・。
    (以下無限ループ)

  6. 人間七七四年 | URL | -

    「飛行機が墜落しそうです、機体を軽くするために荷物を捨ててください!」
    て言われたら自分の身以外の荷物全部捨てるだろ?

  7. お肉名無しさん | URL | -

    お前は前田利家か。いくら金があっても死んだら意味ないよ。ましてや当主だぞ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    江戸の話だが、時化とかで船が転覆しそうになったら商品の積荷はおろか、マストも切って海に投げ捨てたらしい

  9. 人間七七四年 | URL | -

    米は所詮消耗品
    それにもし一俵とかの話だったら、超下っ端の月収程度だし、
    道具として使えるなら使いますわな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3409-1b7c340e
この記事へのトラックバック