FC2ブログ

ご隠居、槍弾正

2010年01月01日 03:38

678 名前:1/2[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 07:50:31 ID:CAcwL7tU
天正13年(1585)11月、小笠原貞慶は石川数正に呼応して徳川から豊臣に寝返った。
同12月初め、上杉家からの支援をもとに5千の兵を集めた貞慶は、本拠地・深志(松本)
から、真田攻めの後処理で城主不在の地が多い南信濃に乱入した。

その城でも、主君の留守を守る侍たちが、対策を協議していた。
「殿も若様も、本隊を率い真田に備え、小諸に駐留。残った騎士40、雑兵350の小勢では
門の一つも守りきれまい。ここは城を落ちて下伊那へ逃れ、徳川様と伊那衆の助けを
得た上で反撃するべきだ。」
「うむ。蛮勇に走って城を落とされ、命を無駄にするは、小諸の殿にも申し訳なし。」

「かーっ!なんちゅう情けない事を言うとるんじゃ!」「あっ、ご、ご隠居様!」
今年75歳になる隠居した先代が、いつの間にか座に加わっていた。

「若い者が血気に逸って死に急いではいかんと来てみれば、一戦もせずに城を捨てる
相談とは…お主ら、それでも武士か!?」
「お言葉ですがご隠居様、兵にして十数倍の敵が相手では…」

「深志からこの城へ至るには不動峰南端の鉾持桟道(ほこじさんどう)、人がすれ違うのが
やっとの山道を通る他あるまい。そこが狙い目よ。
その上、小笠原は短気な性分。数を頼んで大した謀もあるまい。まあ、わしに任せておけ。
これでも戦に臨む事60余度、少しは駆け引きも心得ておる。
老後の思い出に九死一生の戦のやり方、お主らに見せてやるわい。」

679 名前:2/2[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 07:51:32 ID:CAcwL7tU
隠居は蔵から白布数十反を出し、数々の紋を描かせ、偽の旗印を大量に作らせた。
さらに、近隣の農民300余を招集し、このうち160人に武具鉄砲を与えて鉾持桟道の川向い、
白山の山中に伏兵として置いた。

12月3日、吹雪の中を鉾持桟道に差し掛かった小笠原軍の先鋒は、隠居の命を受けた
物頭・赤羽又兵衛率いる300余の奇襲を受けた。
初めは不意打ちに驚いた小笠原軍だが、次第に数の優位を取り戻し、赤羽隊を押し返した。

「よし、やれい。」
そこへ隠居の合図により、北原玄蕃率いる農民たちが山上から、用意した大岩・丸太を
小笠原軍目がけて投げ落とした。
直撃を受けた者は即死、あるいは谷底に落ち、先鋒と本隊は落石によって分断され、
先鋒は勢いを取り戻した赤羽隊に次々と討たれた。

吹雪が晴れた後、小笠原貞慶が見たのは、死屍累々たる先鋒の姿と山中から襲って来る
おびただしい軍旗(実は偽の旗印を持った北原の分隊わずか70人)、そして川向こうの
白山の山中から鳴り響く鉄砲の音だった。
「しまった!もう本隊が帰っていたか!?」早合点した貞慶は、深志目指して逃げて行った。

「…………」「おい、勝ったぞ。勝どきを上げんか。」
「す、凄い…これがご隠居様の、”槍弾正”の軍略……」
隠居こと保科弾正正俊は、この武功により家康から感状と名刀・手掻包永を授かり、
8年後の文禄2年(1593)、栄光に包まれながら80余年の生涯を閉じた。

680 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 08:28:17 ID:wsGoX+pl
へえ、石川数正以外にも徳川から豊臣に寝返った人はいたんだな




681 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 08:32:21 ID:xoe5lPV6
ちょっと疑問があるんだけど。
緊急招集した農民に鉄砲撃てるのかな?


682 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 08:57:02 ID:TBugmOiR
あの時代の農民なら、大概徴兵されて出兵した事があるんじゃないか?
もっとも戊辰戦争の会津城の戦いでは、鉄砲の操作方法を知らない隠居老人たちを、
山本八重子が率いて大山巌を狙撃し、負傷させた例もあるが。

683 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 09:12:56 ID:Rr9hWhnK
当たる・当たらないは別にして、音で敵を混乱させる
という目的じゃないの?

684 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 09:25:08 ID:UuJ3Puz7
じつは猟師かもしれんて

685 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 09:29:50 ID:b+q7JUZA
当時の農民は軍事のセミプロ。
最終的な村の生存権を守るのは村の軍事力だからな。
例えば禁制をもらったとしてもそれを執行するのは大名ではなく村、
あれは「うちの兵隊が濫妨狼藉したら自衛していいよ」って言うものであって
大名が積極的に取り締まるものではないから、
村に武力が無いと武装した雑兵には太刀打ちできないからね。

それに八十年代なら結構な数の銃が出回ってる頃だし、問題ないかと。

686 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 10:17:06 ID:l8nPUq1Z
田畑を耕すのも農民、戦に駆り出されるのも農民
この時代の農民ってハイブリットだよなあ

687 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 10:46:37 ID:rGm+zqWv
元々の武士の形だよ

688 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 11:00:45 ID:4SiPZDd9
一領具足とかね

690 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 11:25:25 ID:L6FiDoQp
>>685-687
七人の侍が元から村に住んでるようなもんだからな。
というか村人の半ばは七人の侍モードw そりゃあ刀狩りも検地も苦労するってもんで・・・


691 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 11:58:20 ID:TBugmOiR
ただ、現役農民たちも若殿達と共に小諸へ出兵しているだろうから、
残存しているのは戦力外とされた老人たちだろうな。
おそらく槍弾正みたいな連中が三百人ほど居たのだろう。

692 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 12:03:32 ID:B19nYQBN
くくく…武田信玄に従って従軍した頃の血が滾るわ!なんて老人の群れが
槍弾正に指揮されて戦うとか怖すぎるw

693 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 13:20:43 ID:LH5qCwjH
ちと遅レスだが。

この時代の鉄砲は信頼度が低くて、暴発の危険性もとんでもなく高い。
なので、鉄砲隊は使い捨てができ、数を揃えられる練度の低い兵士の役割だった。

実際に鉄砲を撃って、慣れていたのは農民達なのです。

694 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 13:48:16 ID:Ox0o6Msk
弓、槍、刀は取り扱う技術を持った人でないと使いものにならないけど
鉄砲は数揃えて弾込めて発砲するとこまで仕込めば、
爆音と面制圧力という最低限の期待される効果はあったからね
人手が足りなきゃ女子供老人すら動員して鉄砲持たせた

695 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 14:50:48 ID:G2ugPjgV
なるほど、なんかアルバイト使う店長みたいで
鉄砲隊指揮官は鉄砲隊指揮官で大変そうだなー

696 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 15:30:03 ID:0Qnt3cM4
>>681-691
まじめな話、百姓が戦に駆り出された場合は
あくまで陣夫としてだ。
荷物や兵糧を運んだり、雑用したりするのがお仕事。
戦闘行為を行うのは侍と足軽・中間。
戦闘員は全軍の3割~5割程度。

例外としては、徳川は小牧の戦いの時、北条は小田原征伐の時に
百姓を徴兵して訓練し、戦に備えたことがあったけど
これは戦闘員数不足に悩まされていたから。

そもそも戦国時代までの武士が半分農民だったという説を誤解してはならない。
より正確に言えば、武士が副業として農業をやってた、という言い方が正しい。
農民が誰でも武士だったわけではないんだ。

697 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 16:45:02 ID:NajUKlJc
>>693
鉄砲隊は金さえあれば、再構築は簡単だけど、馬に乗って槍を振り回すようなお侍は
一度大きなダメージを受けたら、それを再構築するのに時間がかかるよね。
長篠の戦いで武田家の戦力が大きく衰退した理由はそれだよね。

698 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 17:12:23 ID:3+shbe+e
あれは槍働きする武士っていうより、前線指揮官が死にまくったのが痛かった

699 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 17:47:41 ID:dipw/QV7
将棋で言えば飛車角が香車に串刺しにされたようなものか

700 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 18:15:27 ID:B19nYQBN
飛車角金までいなくなって銀桂香と歩だけで詰めろほどけという状態

701 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 21:19:55 ID:6lh3JEjd
正俊「歩のない将棋は負け将棋」

702 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 22:29:42 ID:b+q7JUZA
>>696
それはその通りだが、認識が甘い。

村は自分たちの権益を守るために村同士の戦いもするし、
自村の領域、田畑は言うに及ばず山や野原や川など自分たち以外のものが
採取した場合は縄張りを自衛する。
またさっきも書いた通り禁制を掲げるだけで村の安全は保証されないので自衛力が必要になる。
武士だけが争いをするわけではなく農民同士も争いをした、と考えないと。

そして一領具足のような連中は名前を変えて各地にいる。
土佐のそれが有名なだけでね。

703 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/31(木) 22:39:51 ID:m/zt/2g0
争いを好み暴虐の限りを尽くす武士
平和を愛し暴虐の限りを尽くされる農民

こんな階級闘争史観を
何時の間にやら植えつけられていた頃が
私にもありました。

ところが、むしろ戦の火種は村同士の諍いで
各村には敵対村、同盟村があり
拗れると、ついには大名同士の衝突にさえ至る・・・

って感じだと今では理解しているんですが、あってますか?

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    続きは議論スレで(ry

    ・・とは誰も言わんのか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    このスレにもあった三好長慶の高槻の水利権。
    他には富山の漁業利権。
    有明湾に流れる佐賀、福岡境の川の水利権では血で血を争う抗争を繰り広げてたらしいね。

    それに、農業、漁業をするとわかるが侵略者は人間だけじゃない。

    身の回りのすべての生物、自然そのものを相手にする。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    話はよかったが蛇足が酷い

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ↑いや、酷いどころか良かったと思うぞ。
    つーか、蛇足って言っていいかも分からんw

    荒らすようなアホもいなし、この類のレスは良い『補足』。これからもやってもらえると、むしろ助かる。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    こいつ絶対空気読めない奴
    頼むから余所でやらないでくれよ

  6.   | URL | -

    じーちゃん自重しろよwww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3415-d2d7e396
この記事へのトラックバック