FC2ブログ

ある南部家臣の災難

2010年01月10日 00:24

565 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/09(土) 04:36:23 ID:gsne5dd5
ある南部家臣の災難

元亀3年3月、南部信直がまだ田子信直と名乗っていた頃
三戸城近くの毘沙門堂参詣の際に不仲だった養父南部晴政に襲撃され
近所の家臣川守田常陸入道正広宅に非難、危機を脱した。
この時北信愛は自宅でまったり中、信直の傍には居なかった。
実はコレ、北信愛がわざと信直に隙を作らせ晴政の謀反を誘ったとも言われている。
川守田「えー、マジ勘弁」
 
天正10年1月、南部晴継の葬儀の帰途で信直は九戸政実の襲撃に遭い
またもやたまたま近所の川守田宅に非難した。
もうとっくに日は暮れ、突然の訪問者に驚く余裕も無く
老体に鞭打って門内に入ってきた数人の九戸党を
信直のお供北主馬之助・金田一久助等と松明と刀で蹴散らし門外へ追い出した。
あ、信直もちゃんと働いたよ!自ら鉄砲を撃ち政実の弟実親に命中。
川守田「ほんとマジ勘弁」

豪腕として知られた川守田は三戸城の北側を守りつつも
火急の用事や連絡の際には自宅から城に矢文を飛ばしたとされる。
何となくだが、信直との直接的な関わりを避けてるようにも思える。
アイツに関わるとトンデモねー事に巻き込まれる、みたいな。




566 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/09(土) 17:46:52 ID:BiNLMYFP
>>565
ホームドラマにしてくれんかのう。昼ドラでw

567 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/09(土) 17:49:54 ID:BiNLMYFP
「また親父殿に狙われちゃったよ・・・ちょっと匿ってくれませんかね」

「若殿がそんな受け身でドースンノ!」でも匿ってあげる川守田さん

顛末を聞いて「九戸の連中、後で泣かす!」と歯ぎしりしながら復讐ノートに書き綴る北さん

568 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/09(土) 17:57:30 ID:YNr0pvks
川守田「早くこの車に乗るんだ!」
信直「私を連れて逃げて!」
北「社長、信直さんをどうする気です?」

実親「この泥棒猫」

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    昼の方のホームドラマかいwww
    川守田さんは何だかんだでいい人っぽいなw

    信直は北さん川守田さんだけでなく、八戸氏の根城に匿ってもらったこともあるらしいね。
    敵も多いけど、その分守ってあげたくなるタイプだったんだろうか
    〉信直

  2. 774 | URL | JalddpaA

    信直は小田原の件の時も秀吉に会うのが・・・モジモジ
    という時も鷹匠が「ダー!!!じゃワシが行くよ!!!!」
    という事で鷹匠が代理で秀吉に鷹を献上した事もあったよね。
    庇護したくなるようなタイプだったのかも。

    地元には「南部の一つ残し」という言葉があって
    周囲に遠慮して大好物も残しちゃう事を意味する言葉なんだ。
    引っ込み思案でオトメンな信直が伺えるw

    川守田さんちは今も一部分残ってて
    二重空堀構造でちょっとした要塞ぽいよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3447-a7fc0976
この記事へのトラックバック