FC2ブログ

初鹿伝右衛門がふと、同僚の名和無理之介に

2010年01月14日 00:05

655 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/12(火) 22:08:59 ID:tcZElVhz
永禄十三年(1570)、武田信玄による、駿河花澤城攻めの折のことである。

城攻めの真っ最中に寄せ手の武田軍、初鹿伝右衛門がふと、同僚の名和無理之介に
こんなことを言い出した。

初鹿「なあ、あそこの城の上げ戸、閉まってるだろ?」
名和「ああ?閉まっているな。」
初鹿「アレ上げてこいよ。」
名和「俺が!?」

しかしその上げ戸のある場所には、城方より激しく矢弾が降り注いでいた。

名和「…ムリムリ。あんな攻撃の激しいところで戸を上げられるものかよ。」
初鹿「ほう…、無理…だと!?」

とたんに初鹿立ち上がり、ものすごい勢いで城の縁まで駆け寄るとその上げ戸を押し上げた!
さらに諏訪越中も初鹿の後に続き、手に持つ鎌槍にて上げ戸をさらに高く押し上げた!
もちろん矢弾の雨あられの中を、である。

そうして陣に帰って来ると、「お前無理って言ったのに、俺達上げちゃったよ~」と、
初鹿と諏訪、無理之介が具足の上に着ていた、高名な縄の羽織りを無理矢理はぎ取り、

「お主は無理を通すから無理之介と名乗っているはずなのに、
今回”無理”だと言って断ったよな?
よって以後、無理之介と名乗らないように!」

と言って捨てた。

この事、この後四郎勝頼の扱いにより、無理之介に縄の羽織りは返還されたが、
甲府では

『無理之介 道理之介に名はなれや 無理なることをする身でも無し』

と言った落書が出るなど、無理之介さん、もう散々だったそうである。


「あのバカどもは平気で嫌がらせに命を賭けるから大嫌いだ。」
名和無理之介、そう言ったとか言わないとか。





656 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/12(火) 22:13:47 ID:qjJTbErB
「嫌がらせに命を賭ける」を比喩でなくホントに命かけてる話は初めてだw

667 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/13(水) 00:46:24 ID:kfhcBDAa
>>655
諏訪さんまで何やってんだw

一応タグがわりに
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-352.html

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    いつもの無理之介さんですね。

  2. 名無しさん@お腹いっぱい。 | URL | -

    無理之介さん、死ななかったんだ
    よかったな

  3. お肉名無しさん | URL | -

    おもしろい連中だw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    信じられるか?
    この初鹿野の相方の諏訪越中頼豊、竺渓斎の嫡男で当時の諏訪氏惣領なんだぜ・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3478-9283092d
この記事へのトラックバック