FC2ブログ

ガラシャの首飾り

2010年01月22日 00:03

889 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 08:48:03 ID:CT1WgDWV
ガラシャの首飾り

ガラシャが奉公人をかばったら忠興がブチ切れて奉公人を殺し、その首をガラシャに投げつけた事件。
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-533.html
それに似たような話がある。

ある日、ガラシャ関係で失態を犯した男をその場で手打ちにし、首と胴を一刀両断にした忠興。
ガラシャが悲しそうに顔を伏せるので、忠興は「そんなに大事なら飾っておけ!」と近くの棚の上に
男の首を置いた。
誰も片付けしようとしないため、首は数日の間ガラシャの部屋の棚に飾られたままだった。
腐敗臭がしてきたにも拘わらずガラシャはいつもどうりに暮らしていた。
片付けろと言われていないため、奉公人たちも首をそのままにせざるを得なかった。

これに困った奉公人たち。ガラシャの部屋に行くたび肝の冷える思いをする羽目になるのだ。
彼らは幽斎にどうにかして欲しいと訴えることにした。
それを聞いた幽斎は忠興とともにガラシャの所へと向かい、どうにか首を片付けてもらおうとした。
ガラシャの前には平謝りする大の男ふたり。なんとも情けない図だ。
しばらくふたりを見つめた後、ガラシャは奉公人へ首を片付けるように言った。

何故首をそのままにしたのかはよくわからない。
とにかく、流石ガラシャと言わざるを得ない。
細川親子のなさけない話。




891 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 11:26:25 ID:74e3qBvB
>>889
幽斎が事態の収拾に乗り出したのに、
結局息子連れていっしょに頭下げただけかよw

892 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 12:18:33 ID:7jV7hz1v
>>889
いつの時代でも、男が謝るのが一番の解決法なんだなぁw

894 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 12:44:53 ID:DGOVgwLb
>>889
手打ちにされた男はいったいどんな失態を犯したのかなあ
不倫でもしてたんだろうか?

895 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 14:24:31 ID:LJGd58ST
>>894
私は>886じゃないが……ガラシャを見ただけで忠興の怒りに触れた植木職人とあった気がする
殆ど言い掛かりだよな
浮気なんざしてたら、(ガラシャの相手)一族もろとも抹殺しそうだよ、忠興は

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | Pnsj6K02

    ちょっと違うがロシアのピョートル大帝が浮気した愛人のベッドの脇に
    浮気相手の首のホルマリン漬け置かせてたのを思い出した

  2. 人間七七四年 | URL | -


    何処の国でも同じ様な事する人って居るんだね。そんな人間に使える必要が無い現代人て、ある意味幸せですな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    あの幽斎をも屈服させるとはw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そういうのは一面で仕えることでそれを補える程のものを得られるんだろうな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3527-54ee7c5f
この記事へのトラックバック