FC2ブログ

黒田官兵衛は、覚悟を決めた。

2010年01月23日 00:17

218 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 00:28:35 ID:HfWNZOkG
天正11年(1583)4月、賤ヶ岳の戦いの緒戦で中川清秀を倒した柴田軍は、余勢を駆って
秀吉軍の出城に襲いかかった。最前線の砦を任されていた黒田官兵衛は、覚悟を決めた。
「どうやらオレも、ここまでか。」
官兵衛は重臣の栗山利安を呼び、15歳の自分の長男・長政を連れて逃げるよう命じた。

「お言葉ですが、私も殿と共に討ち死にしとうございます!」
利安は官兵衛の命を聞こうとしなかったが、
「今、長政を連れて逃げるのは、ここで死ぬより百倍も忠節になるのだ。頼む、逃げて
黒田の家名を保ってくれ!こうしている間にも時が過ぎる、早く!!」
やむを得ず官兵衛の願いに応じ、泣く泣く砦を脱出した。

抱えられるように連れ出された長政は、砦から一里ばかり離れたところで、必死の形相の
利安に聞いた。「なあ、わしらはこんなに急いでどこに向かうのだ?」
「・・・じ・・・実は・・・・・・」


「こうしてはおれん、砦に戻るぞ!」
「な、なりません!若殿が逃げ延び、黒田の家を残す事こそ、官兵衛様の願いですぞ!」
しかし、長政は言い返した。
「バカを言うな!子が父を見捨てて逃げ、どの面下げて生き延びるのだ?
それに、『武士は「逃げる」という事はない』と教えてくれたのは父上だ!それっ!!」
長政は乗馬を蹴立てて向きを変え、砦に駆け戻った。

「あぁ、あの方こそ間違いなく官兵衛様のご子息である。」
利安らは、感涙にむせびながら後に続いた。

黒田父子は秀吉の大返しまで必死に砦を守り抜き、大大名としての礎を築くことになる。





221 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 01:05:12 ID:tUA/ZTDm
佐久間が攻めてくるのは想定してたのかと思ったけどそうでもなかったのね
後から見ればすべて計画どおりな勝利も現場では生きるか死ぬかの瀬戸際にいたんだね

222 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 01:54:50 ID:Dc8RWNa9
敵に突っ込んでこそ長政

226 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 07:57:46 ID:yeVSWn95
>『武士は「逃げる」という事はない』
やっぱ2代目武将はそういう発想になりがちなのかね
織田信忠も父親の逃げ足ぶりをまるで受け継がずあっさり自刃しちゃったし

227 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 08:13:39 ID:Dm+WpYnF
>>226
親父が偉大であればあるほど、その名を汚しちゃいかんと思っちゃうんだろうなあ。

228 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 08:24:34 ID:32xgQdvm
秀忠がアップを始めたようです

229 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 08:30:30 ID:UH8fXYzu
家久(aku)「暗君なしの島津家には関係ない話だな」

230 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 09:32:04 ID:aHH4wuD3
>>227
隆元「さすが、よく分かってらっしゃる」

231 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 09:47:12 ID:5fUUapnH
>>227
信雄「御意。我が命より、父の遺した家名の方が
   大事でござる。」

232 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 09:55:17 ID:ENbQXb+k
>>221
計画通りでは無いだろう。
計画では柴田方が動かず、長期戦化する予定だった。
佐久間が動いて柴田の堅陣が崩れて、羽柴方は計画よりも楽に勝てた。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    佐久間の話で少し。

    最近角川から出た書籍の中で、賤ヶ岳の敗戦の責は佐久間に無い。彼は前田の敵前逃亡の責任を死人に口無しの体で責任者にされた。(この佐久間の負けと書いた当時の戦いを書いた筆者が、前田お抱えだったので前田の悪口を書けなかったと)

    なのでこの書籍を書いた人は。「柴田軍が負けたのは佐久間勢の勝利を生かさない柴田と、戦線離脱した前田勢にある。」と言うのがあったな。
    ホンマかいな?って感想だったが。長々とすんませんでした。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    筆者云々は知らないがそれで合ってると思う。
    佐久間の奇襲成功に乗じて柴田が攻勢に出れば、
    秀吉の大返しがあってもそれまでに
    賤ヶ岳の要塞地帯を突破できてた可能性がある。
    前田の敵前逃亡は言うに及ばず

  3.    | URL | -

    官兵衛→逃げた後秀吉に援軍要請
    長政→転進突撃

    この辺が関ヶ原の命運を分けたか…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    個人的にかっこいい逸話in戦国トップ3に入るこの話が、官兵衛大河でスルーされた悲しみたるや…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3536-25078056
この記事へのトラックバック