FC2ブログ

雑談・戦国期の畜産について

2010年02月03日 00:03

575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/01(月) 22:27:13 ID:hg/q/0N1
馬も普段は農作業に使うようにすりゃ元は取れるんじゃね?

576 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/01(月) 22:31:35 ID:/6sqZ4Ss
>>575
マジレスすると軍馬と農耕馬は全く別の生き物と考えた方がいい。
軍用場は常に軍事用の調練をしておかないと、実戦では何の役にも立たない。

577 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/01(月) 23:53:56 ID:FUOVrnNJ
何かそんな逸話あったよね。
農家に補助金出して馬の育成やらせたら軍馬として使えなかったっていう話。

578 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 02:50:26 ID:Jq4Iv8mU
それでもポンジュースの運搬に役立ったから結果オーライ

579 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 02:54:16 ID:vgPRIJb4
乗馬としての訓練とか銃声に慣れさせる訓練とか色々大変みたいだよね。


582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 17:43:25 ID:95bzSe79
>>577
それ悪い話スレかなんかにあった、
「名馬を作ったら報奨金出すが駄馬だったら下げ渡す」みたいなお触れを出したら、
農民みんな馬が欲しいから駄馬ばっか生産されたって話じゃなかった?

583 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 17:52:33 ID:TRONuo6m
イギリスなんかじゃ成長しても一定の体高以下の馬は躊躇無く殺しまくってデカイ馬作ったんだけどな。
なんかやるにはそういう非情さが必要なんだろうか。

584 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 17:55:36 ID:TAUvmNDa
宣教師が「日本人は飼っている動物を家族のように大切にして、これを食べようとは考えもしない」
みたいなこと書いてたな。

585 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 18:17:39 ID:bx9luT7L
犬の種類が豊富なのもイギリスが狩りに使う為に、
用途別に特化させたからだしね。
まぁ、魚介類や家畜などの為に供養塔建てる文化の方が
世界的には異端なんだろうけど。

586 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 18:18:30 ID:Ft3GhjWE
家族のように、というか本当に家族だからねえ
一緒に働いて一緒にご飯食べて一緒に寝るんだもの

うちの田舎でもつい四半世紀前まで飼ってたけど、多少見た目や性格が
悪かったところで処分とか無理絶対無理ほんと無理何と言われても無理

587 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 18:20:54 ID:jz0T5Eeb
つか戦国時代は食肉を得るための畜産業が殆どなかったからじゃないの

588 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 18:30:20 ID:Ij9s5Iz1
畜産できるスペースが東北北海道にしか無い

589 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 18:31:23 ID:og1KXpeQ
必要な農地とカロリーの効率だけ考えると肉より穀物の方がいいからね

590 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 18:34:57 ID:jz0T5Eeb
島国だし海産物が豊富なのも要因か
川もいい感じに多くて水害も多かったけどw

591 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 18:59:40 ID:95bzSe79
>>588
スペースもそうだけど放牧できる土地があったら開墾して田畑にしちゃうよな
東北は気候の関係で馬飼うしかなかった感じ

592 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 19:39:12 ID:Kywsd1sL
甲冑や武具で大量に使うはずの革はどうやって生産してたんだ?
牛や馬が死ぬまで待ってたの?

593 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 19:44:41 ID:Hi1eVWkm
ないものは輸入。

594 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 19:55:34 ID:TAUvmNDa
>>592
当然の事ながら戦国期の日本にも屠殺業者と言うものは存在してて、
病気や老衰などで死んだ、もしくは役に立たなくなった家畜を買い取り、これを屠殺して解体し
皮をなめし業者などに下ろしていたらしい。
そういう一種の流通ルートがあった。

595 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 20:20:55 ID:B4DWkCSp
この頃は数こなしてたせいで皮革加工技術がめちゃくちゃ発展して
戦国時代終わってから後退しちゃったもんで再現できない技術もあるっていうよね
そういうのってなんかロマン感じるわー

596 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 20:36:19 ID:m9Uzejxl
あと農村じゃ鹿なんかの大型害獣駆除も農民の大切な仕事の一つ
需要分の原料は取れてたわけで
まぁ玄米と五穀食ってりゃそれなりの栄養取れて、生産効率もすばらしかったから
不安定な狩猟や非効率な牧畜に、頼らなくてもいい恵まれた土地ってことさね

597 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/02(火) 21:39:52 ID:0TI2CjP2
安房だと里見氏が戦国時代に軍馬を育成してたんだけど、
幕府に没収されたあとの牧場は日本初の酪農施設として利用されたとか。
何がどう変わるかわからないもんだねー。

http://www.e-makiba.jp/dairy/index.html

598 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/02/02(火) 22:42:59 ID:im2a++cx
>>596
江戸期でも農村には、そういう害獣を追っ払うための鉄砲が置かれていたようだしね。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    農村の鉄砲繋がりで一つ。
    太田金山は松茸の産地だったので、将軍家に献上する為に盗人・害獣対策で、代官所から鉄砲を貸し与えられていました。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    江戸期の農民が持ってた鉄砲って口径が小さいんだっけ?(鳥銃?)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >農民の鉄砲
    弾丸重量が二匁五分(約9.4g)~三匁半程度。口径11~2mmの物が狩猟用として使われてたと聞いた事がある。

    口径に関しては。ここが参考になると思います。
    「火縄銃の銃身口径」
    ttp://okwave.jp/qa/q2031119.html

    後はここかな?
    ttp://www.japaneseweapons.com/hinawajyu/index.htm

  4. 名無し隊員さん | URL | -

    確か被差別身分の人が皮革加工を独占(他にやる人もいないけど)してたんだっけ。そのせいなのか、結構金持ちが多かったらしいね。差別する代わりに職業の占有を認める、みたいな感じだったのかな?。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば島津って豚を歩く野菜と称して飼ってたんだっけ?

  6. 御神楽 | URL | dvUYBDnY

     戦国~江戸に掛けての身分制度は中々複雑なんだよな。
     確かに被差別階級なんだが、普通の農民よりよっぽど金になる仕事の寡占を認められていたりとか、結構多いし。
     一方の武士は末端ともなると馬鹿みたいに借金まみれだった訳で。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代の頃の皮革業者は
    江戸時代ほど露骨な差別を受けていなかったというのは信じていいの?

  8. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  9. 人間七七四年 | URL | b5.M5V.g

    食肉文化が衰退するのは生類哀れみの令以降だし、
    皮革は重要な軍需物資の一つ。
    現代の活動家が宣伝するように冷遇される理由がない。

  10. 人間七七四年 | URL | wZ.hFnaU

    >食肉文化が衰退するのは生類哀れみの令以降だし、
    ちがうよー。江戸期はむしろ日本の食肉文化の復活期。
    歴史上日本人が最も肉を食わなかったのは室町から戦国期だったそうな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3596-f062e849
この記事へのトラックバック