FC2ブログ

森蘭丸がミカンの入った大きな箱を運んでいると

2010年02月06日 00:21

森蘭丸   
639 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 11:56:58 ID:4VMmwEjp
信長の小姓であった森蘭丸がミカンの入った大きな箱を運んでいると、信長が「その重さでは危ない。倒れるぞ」と注意した。
すると、そのすぐ後で森蘭丸は転んでしまい、信長は「それみろ。倒れると言ったではないか」と笑った。
後日になって、小姓仲間の間でそのことが話題になると森蘭丸は「信長様が倒れると注意したのに倒れなかったら信長様の
目利き違いになるのでわざと倒れたのです」と、平然と言ってのけた。




641 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 14:30:39 ID:GOohDGR3
>>639
蘭丸の逸話はなんというか佞臣っぽいなぁ
主君の目利き違いを正す意図が全く無いのは…

642 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 14:49:57 ID:F1GgqWXP
やるなよ! 絶対にやるなよ!の精神は昔からあるんだな。
同じような蘭丸の逸話見た気がするけど、テンプレ逸話だからか

643 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 14:53:00 ID:t2Jk+MfY
蘭丸って基本的に主人に気持ちよくするタイプの使用人だよな

647 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 18:40:39 ID:9eV7YU+O
森蘭丸と言えば森可成の旧領の近江坂本を所望した逸話と
明智光秀の謀反を予想していた逸話が有名だが、両方組み合わせると
近江坂本が欲しくて、明智光秀を失脚せようと讒言したように思える(´・ω・`)

648 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 18:52:21 ID:nu3tEFiT
兄や弟の性格を考えると有りそうな気がしてくるから困る

649 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 19:10:55 ID:FNKRqLir
>>648
忠政ってなんかしたっけ?

651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 20:39:12 ID:v+8b9G2G
>>649
忠政さんはあんな事やこんな事を・・・・・・・

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    親父さんは良い人なのに、森家の兄弟を誰が「こんな風に」育てたんでしょ?家老衆ですかね?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >蘭丸って基本的に主人に気持ちよくするタイプの使用人だよな

    基本的に主人「を」気持ちよくするタイプ に見えた俺は……

    いや、小姓なんだからそれでおかしくないんだけどw
    モウダメポ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    忠政の悪さはまだあまり認知されてない不思議

    逸話の投下数も結構多いのに

  4. 人間七七四年 | URL | -

    気分を損ねないって意味なら、日本語的には主人「を」であってるんじゃない?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ご主人さ…アッーーーーーーーー!

  6.    | URL | JalddpaA

    DQNな兄者がさっきから見ております

  7. 山江まろん | URL | -

    「ぐらぐらみかん」・・・三成公の「三献茶」ほど、しっくり来ないのは、日常茶飯のちょっと優れたことをわざと、言いふらされたんでしょ?
    嫉妬を覚えた同僚から。
    他の逸話も、同様。(爪探し、爪の堀捨て、ふすまの二度閉め、刀の模様の数覚え)も。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3606-dc324289
この記事へのトラックバック