FC2ブログ

東の小田氏も相当弱いが

2010年02月07日 00:06

304 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/06(土) 10:12:37 ID:dPvcSpTD
東の小田氏も相当弱いが西の少弐氏もいい勝負だと思う。弱さが。



305 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/06(土) 10:46:11 ID:+FX4dSAG
少弐も弱さとしぶとさは相当なものだが
小田氏と違って当主がしょっちゅう戦死するからなぁ

306 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/06(土) 11:08:14 ID:Imz094Dq
少弐に仕えてた肥前小田って常陸小田の傍流なんだよね

307 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/06(土) 11:23:14 ID:dPvcSpTD
初代  武藤資頼
二代  少弐資能 (戦死)
三代  少弐経資
四代  少弐盛経
五代  少弐貞経 (戦死)
六代  少弐頼尚 (菊池に敗北、勢力減衰)
七代  少弐直資 (戦死)
八代  少弐冬資 (今川貞世に消される)
九代  少弐頼澄 (敗戦→亡命→死亡)
十代  少弐貞頼 (英主。勢力復活)
十一代 少弐満貞 (戦死)
十二代 少弐資嗣 (戦死)
十三代 少弐嘉頼 (戦死)
十四代 少弐教頼 (戦死)
十五代 少弐政資 (敗戦→自害)
十六代 少弐高経 (政資から家督を継いだ3日後に戦死)
十七代 少弐資元 (自害)
十八代 少弐冬尚 (龍造寺一族抹殺で熊を目覚めさせる。最期は自害。)

308 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/06(土) 11:25:26 ID:yPgz3mr9
>>307
すごい一族だな・・・
そんなに当主が戦死してるのに、よく滅びずに何百年も続いたね

309 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/06(土) 12:35:41 ID:O8MFrwZa
当主の戦死は多いが精子も多かったという事か

310 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/06(土) 13:07:40 ID:ABQ9+zGw
今川も結構、当主や跡取りが戦死や夭折と思っていたけどこれには勝てない。

311 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/06(土) 13:11:22 ID:MSxPQd3w
菊池も悲惨

312 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/06(土) 13:11:56 ID:ZW1WUNOW
>>307
補足すると、少弐景資も兄経資との家督争いに敗れて討たれてる

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | l5pNJLvE

    異常な生命力ばかりを評価されがちな少弐氏にも、足利尊氏大復活の最大の功労者だったり、大内盛見を斃したり、大活躍だった時期があるのですよ・・・

  2. 人間七七四年 | URL | -

    まともに死ねない一族なんだなw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    309はもう少し評価されてもいい

  4. 人間七七四年 | URL | Pnsj6K02

    あれだけの回数戦線連敗繰り返して
    最低四代に渡って当主が布団の上で死んでる小田さんはやっぱ凄い
    代わりに菅谷さんちは嫡男が討ち死にしてたりするけど

  5. 人間七七四年 | URL | /02qLiNA

    スレ違いだが元寇で父親と長男が戦死したのが三代目の経資の頃だよね?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    そうだよなあ…、普通戦に負けるってことは、大将だろうと死の危険が半端無く大きいことだよね。
    なんか、氏治様の凄さを再認識させられた気がした。

    特に、居城まで追われて逃げるのが、以前の戦歴の通り、パネェ数だし。

    川の流れを伝って土浦城まで逃げたらしいけど…何回も上手く行くってのは、家臣から雑兵・領民に至る全員が、本当に守る気で、全力で逃がしてたって事なんだろうね…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3610-db56efe1
この記事へのトラックバック