FC2ブログ

落書と蘆名盛氏

2010年02月10日 00:05

382 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 16:49:08 ID:VzTu9/4Q
会津蘆名氏の最盛期を築いた、蘆名盛氏の時代

耶麻郡藍川の城主は、七ノ宮自然斎と言った。
この自然斎、盛氏に非常に重用されていたのだが、それにはこんな事があった。

その頃は朝夕と無く兵乱が起こり、地下にはその度に軍役がかかった上、
しばしば課役も無理強いされた。
しかしそのような庶民の苦しみを上に伝える者も無く、蘆名氏の居城、黒川城下には

『天寧寺 河原の石は大和殿 町の小役は或人が取る』

と言う落書が広まった。この大和殿と言うのは蘆名家家臣佐瀬大和守の事で、
彼は泉水の数寄で、天寧寺河原から怪石を探し出しては、大勢の人夫を雇って
自分の庭園に集めていた。
ちなみに彼の庭に集めた怪石は、江戸時代までその跡を見ることが出きたそうだ。

そして「或人」とは当然、蘆名盛氏その人の事である。

この落書の事も、盛氏の耳に入れる者はいなかったが、ただ自然斎一人が、
ありのままに盛氏に語ったのだそうだ。


またある時のこと、
盛氏が黒川城下に立った市に集まる商品を買取ったが、この時その価格を無理に下げさせ、
半額だけしか支払いをしなかった(こういう買い手による無理な買い叩きは、この時代
珍しくなかったそうだ)

これにもさっそく落書が出る

『市町に 半を買いぬるむりうじは 外の聞こえをあしなとぞ思ふ』

これも自然斎ただ一人だけが、ありのままに報告した。
このようであったので、盛氏は七ノ宮自然斎を非常に信用した、というのである。


まあいい話なんですが、英主と呼ばれたほどの盛氏ですら、地下からの批判を
きちんと報告するものが一人しかいないと言うのは、大名と言うのも大変な環境に居るんだな、
と思ったので、こっちに。




383 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 19:30:31 ID:qJH5RVNB
父親の盛舜の頃の方が治世は安定していたとかいう話も聞くね

384 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 22:20:50 ID:x6RxW8xi
>>383
盛氏の時、全盛期だけど、無理な戦を繰り返して疲弊していて、滅びる時はあっと言う間だったらしい

385 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 22:34:43 ID:7vAhELt+
武田家がもっとも拡大したのは武田勝頼の代
山口がもっとも繁栄したのは大内義隆の代

>>384
盛氏の積極策で溜った歪みがその死で一気に噴き出したような…

386 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 22:43:42 ID:ISphlmc7
蘆名は後継者が若死にしすぎだろう…

387 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 23:22:53 ID:9hnEjf4g
盛氏時代以降は正直外交策も失敗ばっかりだったからなぁ
その失敗が内部の分裂まで招くわけで

決定打は反上杉親北条路線で上杉のお家騒動に介入した辺りだろうな
これで伊達を継いで早々と新発田支援を取りやめた政宗とも仲が悪くなった
上杉なんて全く会津方面に目が向いてなかったんだから、ほっておけばいいのに

388 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 23:39:04 ID:VzTu9/4Q
>>387
上杉は佐竹を援助していたからね。
上杉が弱ればその分蘆名が敵対している佐竹も弱る。

上杉との敵対も北条への接近も、全部佐竹との対立から出たもの。

389 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/02/10(水) 00:04:50 ID:cb2Ozr/4
>>387
伊達との仲が悪化したのは蘆名のどうこうよりも
ほとんど周り中全部を敵に回すような無茶な外交をやった政宗が原因じゃないか?
結果が佐竹及び南奥諸大名3万と伊達7千の人取橋

390 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 00:29:52 ID:vDpxKOYk
勿論それもそうなんだけどね
伊達と蘆名の仲が急速に悪くなったのは
新発田支援を政宗が取りやめたのが原因だよ
結果的に新発田は孤立して滅亡
伊達は信用できんと怨敵佐竹から養子を取るけど家中は分裂してしまう

393 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 06:34:13 ID:b/ozhLNY
東北戦国大名ってがんじがらめの姻戚でバランスとってたんだな…
つかみんな従兄弟あたりになってるし…

394 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/02/10(水) 07:54:43 ID:vn1H//W8
政宗が新発田支援を止めたって言うソース教えて

395 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 08:19:05 ID:vDpxKOYk
ソースか、何だったかな
確か蘆名側から伊達側に新発田の支援をなんで止めた、さっさと再開しろ的な書状があったはず
まぁ、政宗に代が変わった時点で反蘆名は既定路線だったんだろうけどね


398 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 10:07:08 ID:Y5YWJjzE
>>393
その辺は概ね政宗のひいじいさんとじいさんのせいといえなくもない
あの辺が息子娘をばらまきまくったんで、
他の家も対抗せざるを得なくなった部分もあって
養子だの婚姻だのしっちゃかめっちゃかになった

ただそのせいである意味なぁなぁの、勝っても姻戚ゆえ潰しきれないという悪循環で
統一が大幅に遅れたという面もあるらしい

399 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/10(水) 10:36:16 ID:7LAGs3Zi
葦名義広もなんで新発田支援をやったのやら。
盛隆死亡ついでに支援止めておけば景勝を怒らせることも無かっただろうに。
新発田後援を進めた信長も死んで秀吉は景勝と接近してるのに、
新発田支援を進めて景勝激怒させて義重の援軍を乞うとか
父ちゃんも「なにしとんじゃ」と思っただろう。
義広じゃなくて家臣団が馬鹿だったのかもしれんが。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    世界史的に見ても
    例えば漢の武帝、ルイ14世など前任者がかーなりしっかりしてる。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    死に方がアレなだけで盛隆も蘆名の当主らしい当主だと思うんだけど

  3. 人間七七四年 | URL | -

    盛隆は優秀な当主なんだけど…死に方がほんとにねえwwww
    まぁ生きてても蘆名の崩壊が遅くなった程度かもしれんがまだマシな滅び方だったかもね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    さしずめ水滸伝なら佐瀬大和守は蔡京で、蘆名盛氏が高俅(イ+求)、自然斎が王進なら。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2-3
    死に方がアレな人は、過剰に色々話盛られちゃうからね…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3624-184d0795
この記事へのトラックバック