槍の話その一

2010年02月19日 00:13

627 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 15:05:23 ID:XBwCMel2
槍の話その一

天下三名槍の現在

蜻蛉切

TVゲーム・アニメのおかげで歴史好き以外にも名が広まった、本多忠勝愛用の名槍。
本多家に長く伝わったが、戦後の混乱期、どうしても家宝の一つを手放さざるを得ない状況が
起こり、初代忠勝の鹿角の甲冑か、蜻蛉切のどちらかを選ばねばならなかった。
こういう次第で、蜻蛉切は某氏の所蔵となり秘蔵され、鹿角の甲冑は本多家の所蔵として、
岡崎市博物館に寄託されている。

日本号

黒田節であまりに有名なあの槍。
母里太兵衛が福島正則から譲り受け、一時は後藤又兵衛のもとにあったというが、以後は
母里家に長く伝わった。ところが大正時代、事情により手放すこととなった。
そこで乗り出したのが、炭鉱王・安川敬一郎と玄洋社総帥・頭山満だった。
旧福岡藩士出身の二人は、日本号は福岡の地を離れるべきではない、と大金で購入して、
旧藩主黒田家に贈与した。おかげで、現在も福岡市博物館に所蔵されている。
なお、黒田節=槍 が全国認識になったのは、戦後のことである。

御手杵

駿河の刀鍛冶、嶋田義助が鍛えた逸品。穂先の長さが138センチという常識はずれの大身槍。
結城晴朝から結城秀康に伝えられ、その大きさ派手さから秀康のお気に入りだった。
秀康五男の子孫で、結城家の名跡を継いだ松平大和守家に長く伝えられた。
しかし、東京空襲で蔵が焼夷弾の直撃を受け、焼失した。

最近になって、島田市の有志と研究者が復元し、結城市に寄贈された。
レプリカではあるが、巨大さがわかる。
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b8/Otegine_replica.jpg
0219Otegine_replica.jpg

なお、中国のサイトで御手杵と称する画像が出回っているが、あれは嶋田義助の別の槍の
画像である。
(中韓サイトは無法地帯なだけに著作権無視で思わぬデータが転がっていることがあるが、
彼らには検証能力が無いので注意するに越したことは無い)




628 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 15:36:47 ID:y9GUQ3JU
御手杵かっけえやべえ
これでも槍というんだな、実際に戦場で使えたんだろうか

630 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 16:02:07 ID:XBwCMel2
>>628
敵兵3人の首を一気に貫いて、串団子のように運んだという話があるが、それはあくまでも伝説伝承の類w
穂先の断面は三角形なので、突くことは出来ても切ることはできません。

631 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 16:15:33 ID:26Gac7g2
>>628
御手杵YABEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
槍ってレベルじゃねぇw

633 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 16:24:01 ID:qcpSeZhb
>>630
それなんて団子三兄弟?

634 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 18:07:57 ID:08J2PReu
>>627
鑓って書いたほうが・・・

って禁句?

635 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 18:14:19 ID:nfOgAp/b
御手杵、槍つーか騎士のランスっぽいな

643 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 21:10:02 ID:steMS4zs
>>628
西洋にもawl pike(錐槍)という似たような槍があるね。
全長3mの内、錐状の穂先は1mになる。
御手杵も見た目に反して実戦向けな槍だったんじゃないかな。

644 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 21:41:09 ID:XCY9teLF
西洋のパイクは石突を地面に固定して踏ん張る使い方だしねえ。
ちょっと違うような。

645 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 21:49:52 ID:CpOkuDZI
パイクは槍衾と馬防柵合わせた様なモンだからね

御手杵って正直ランスの様に使われた形跡もないし、どう考えてもクッソ重いだろうから飾りの部類だとおもうなぁ

漫画の話出して悪いが、ベルセルクの竜殺しみたいなモンだと思う

646 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 22:04:39 ID:CDNdh4LW
違和感を感じる人は三間槍のように柄が長く刀身は短めのものをイメージしている
からでは無いかな?

御手杵はいわゆる大身槍と呼ばれるもので、両刃の剣に長い柄を付けるような感じの
モノだね。馬上での振り回し易さとか、槍を持った時の重心とか使い手の好みが反映
されているのだろう。武器に枠に嵌める必要もあるまい。
福岡市博物館に展示してある日本号、岡崎城にレプリカが展示してある蜻蛉切も
大身槍だね。蜻蛉切なんて槍なのに斬れ味が後世に伝わっている。


647 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 22:10:04 ID:CpOkuDZI
いや御手杵はどう考えても片手で振り回す様に扱えないから、馬上用じゃないと思う
もし馬上で使うとしたら、ランスの様に固定してチャージか、脇で固定して馬の全身力で薙ぐって感じじゃないかなぁ
ちょっと実戦では使いづらい気がするなぁ

648 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 22:12:35 ID:XCY9teLF
>ベルセルクの竜殺しみたいなモンだと思う

これが一番しっくりくる表現だと思うw
やっぱ実用性からいえば飾りだよね。秀康は使いこなす気満々だったろうと思うけど。

649 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 22:18:37 ID:WoJnpFep
秀康って甲冑もすごいボリュームの代物だよな
坂東武者みたいなモンスタータイプの人だったんだろか

650 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 22:25:37 ID:KDn3upnJ
鑓というより長巻のたぐいじゃないのかな

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B7%BB

651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 22:37:02 ID:CpOkuDZI
説明によると突き刺し用らしいから、カテゴリとしては長巻では無いらしいよ

652 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 22:52:43 ID:KDn3upnJ
>>651ああ、同じwikiにあったね、失敬w
御手杵で検索したら、江戸時代の逸話が紹介されているブログがひっかかったよ。
孫引きだが

『随想 さびの話』(山本洋一 理工出版社)より

松平直富という元伯爵家に、先祖伝来の御手杵(きね)の槍(やり)という名の付けられた有名な槍がある。
この槍は西に黒田家の日本号あり、東に松平家の御手杵有りいわれ、本朝名槍の両横綱である。

松平家では代々、この槍を自慢の家宝として参勤交代には供先に立てて道中したと言う。
それで、松平家では、この槍の手入れに心を込め、少しでもさびがつけばすぐ研いで手入れをした。
この槍の手入れをする御抱研師(おかかえとぎし)は、さびを見つけて手入れをするたびにごとに
10人扶持の御加増を賜ったので、今月さびて、また来月にもさびれば、20人扶持となるのであって、
心をかけてさびを見つければ、研師の扶持(給料)がよくなるわけであった。

けれども昔の人は、さびがついたと時には自分の不注意のためであるとおもい、
扶持を増すことをかえって自らの恥として、少しぐらいのさびであると「イヤ、これはさびでござらぬ」と言いつつ、
10人扶持を断りながら手入れをしたということだ。
この話は刀剣の鑑定で有名な本阿弥光遜氏が『人の噂』という雑誌に載せられた随筆で読んだことである。

653 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 23:54:31 ID:Qypr7jco
御手杵でググったら顔芸が出てきたwww

654 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/18(木) 23:58:38 ID:4rBblq9m
刀の手入れとか打粉でやるのはわかってるけど鑓の手入れってどうやるんだろ?

655 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 00:26:18 ID:E6acnt9W
1、先っぽだけ研いで、わざと軒下に放置
2、今か今かとそわそわする
3、その時がきたら、とっておきの屁理屈を披露する
4、数百年後に悪い話スレで晒される

656 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 00:41:28 ID:GsgznWCS
先っぽだけ、これだけで悪い話ですw

657 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 00:51:01 ID:4vxBnjAU
槍の管理といえば、こんな話があったな

結城秀康の槍・いい話
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-542.html


658 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 00:51:50 ID:5X7wQXVB
>>655
才蔵だっけそれw

659 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 01:10:23 ID:+y/r9QWz
一方道三は錆びないように竹の節をくりぬいたものに槍を納めて軒下に置いた

660 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 07:31:45 ID:qdJAdXZt
一方そのころ市松は「こんなに手入れの悪い槍は誰の槍だ!」と、自分の槍を指差して怒鳴るという平常運転を。

661 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 08:37:01 ID:8VLP9vTR
才蔵の屁理屈、相手が市松で良かったな。
もしも相手が黒田長政とかだったり島津家久だったら、凄惨な格闘になっただろう。

662 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 09:15:48 ID:GYP0/3hE
坂東武者「太い棒使えば問題ない」

663 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 13:42:44 ID:803DPTih
>>661
長政なら、栗山さんが出てきて場を丸く収めますよ


664 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 14:12:47 ID:oT54Big0
>>627補足

御手杵が長巻や太刀と混同されやすいのは、全長7尺、という情報が出回ってるからだと
思いますが、これは穂先と茎をあわせた槍身だけのこと。柄の長さは2.4メートル。
というわけで、3.8メートルが実際の全長ですね。

これが簡単に振り回せるのか、については、蜻蛉切が槍身だけの重さで約500グラムです。
6メートルの柄をつけても、6-7キロくらいなんじゃないかと。

蜻蛉切は笹穂という形で、実際に笹かまぼこみたいに平べったい二等辺三角形ですから、
刃の部分はそれなりに切っ先鋭いわけですが、御手杵はほぼ正三角形の断面です。

鉄の質量は1立方センチ7.9グラムですから、高さ138センチ底辺5センチくらいの三角錐で
質量計算してみてくださいよ。

正確なところはわからなくとも、本多忠勝でさえ晩年には柄を短くしたんですから、常人が
扱えるレベルの重さではないですね。。

665 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 14:21:15 ID:oT54Big0
ついでに画像
日本号
ttp://blogimg.goo.ne.jp/user_image/31/27/8d8abfed4ae4cb30a6f58fd8dbe2d371.jpg
0219日本号

蜻蛉切
ttp://www.knifriend.com/UploadFile/UploadFile/200411220491930605.jpg
0219蜻蛉切

666 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 15:40:30 ID:9QF9A2Co
>>665
綺麗

667 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 15:44:46 ID:tD0jIfCr
綺麗→切れ味いいんだろうな…→使ってみたい→強奪→警備員バッサリ→おお、血の赤がなんと映えるのだ!→現代の鬼武蔵爆誕

668 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 15:51:58 ID:jZNr7FpX
鬼武蔵を爆誕させるには、どんな事をしても不問にしてくれる絶対たる独裁者の上司が必要だw

669 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 15:54:16 ID:whjCKYZ6
>>668
つまり、ヒトラーとルーデルですね、

「ヒャッハー!ソ連のアカ共だぁ!」

……キャラちげえw

670 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 16:57:52 ID:/grYSxQx
日本号は読み方は「ひのもとごう」なの?

671 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 16:58:30 ID:f9lZkPOU
ルーデル「どいてガーデルマン!ソ連殺せない!」

672 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 17:02:02 ID:5SL4PluB
首に小銃弾食らっても動いた舩坂軍曹を忘れるな。

673 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 18:03:12 ID:kIR0597b
>>672
船坂弘は人間に似た別の何かじゃないかと思うんだ

676 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 20:53:25 ID:w/JbKJmP
御手杵 大分のほうに杵築っていうのがあったなあとおもい
なんとなく「おてつき」って読んでしまった

679 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 21:52:35 ID:8VLP9vTR
首団子をムシャムシャ食べる鬼武蔵を想像してしまった

680 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/19(金) 22:00:09 ID:GE6niW8+
鬼武蔵「あーぶくたったー煮えたったー煮えたかどうだか食べてみよ」

ホラーにしかならん

792 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/24(水) 20:29:08 ID:MP2j3ELH
>>627

日本号の槍は、正親町天皇から正三位の位を賜ったという伝承があるから、従三位中納言より偉いんだよなw

        ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
        {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
        ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
       fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
       { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
       t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//
        ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//
        `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ
            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
          li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
           t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
           ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
           /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
         , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
        / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
     ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
  ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"

793 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/24(水) 21:09:38 ID:hKrnJobi
麻呂ぉぉぉぉーーーーーーーーーー・・・・・

794 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/24(水) 21:13:28 ID:LT3HsSCZ
というか日本号の位が高すぎるw
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    でかっ!むしろ使いづらいんじゃ…

  2. 人間七七四年 | URL | l5pNJLvE

    しかし悪い話スレで鑓というとどうしても人間無骨

  3. 人間七七四年 | URL | -

    チャージ用にしか見えないw
    しかし平野の少ない関東で活かせるかなぁ…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    御手杵が激しくかっこええ…
    でもやっぱり使用するのは難が有りそうだ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    アールシェピースに似てるかもね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    斉藤義龍クラスある大柄な人用に作ったんじゃないか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3682-09f55295
この記事へのトラックバック