FC2ブログ

遅れて千宗旦家にやって来た清巌宗渭を出迎えたのは、

2010年02月26日 00:03

千宗旦   
809 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/25(木) 18:15:01 ID:Erwxtxr1
>>776
遅レスだし悪い話かは微妙だが、逆に宗タソが怒られる話。

ある日、千宗旦は禅の師・清巌宗渭を茶席に招いたが、清巌は所要が出来てしまった。
遅れて千家にやって来た清巌を出迎えたのは、
「あいにく、主人は出かけました。明日、またお越し下さいとの事です。」という宗旦の使用人のみだった。

「明日って…それでも茶の湯の宗匠かい。」
大徳寺170世住持という禅宗の頂点に立ち、茶の湯を細川三斎に学んだ清巌に、そんな言い訳は
通用しない。清巌は紙と筆を所望すると、宗旦あてに書置きを置いて去った。

懈怠比丘不期明日
(懈怠の比丘、明日を期せず=わし、遅刻するようなナマケ坊主じゃけぇ、明日の約束なんて知らんわ。
『今日』約束したら、『今日』茶席を開くために全力尽くすのが、茶の湯の心と違うんかい?)


これを見た宗旦、感じるところがあり、一句詠んで大徳寺に駆けつけ、清巌に不心得を詫びた。

今日今日と 言ひてその日を 暮らしぬる 明日の命は 兎にも角にも


現在、裏千家最高の格式を誇る茶室、『今日庵』の名は、この話に由来するという。




810 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/25(木) 21:00:51 ID:GRSHGU9Z
遅刻されたほうにこんな事書かれたら溜まらんな

811 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/25(木) 21:18:48 ID:RQqhpF1v
ちょうど姉妹スレのほうも坊さんの話が来てたな
坊主めんどくせぇw

812 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/25(木) 22:31:03 ID:D1De4RBe
坊主と三河武士の共通点はそこか!

それで一向一揆があんなに・・・

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    何でこうも茶を嗜む人間ってのも面倒臭いんだかw
    教養有るんだったら、もうちょっと相手の事とか考えてよ
    と思ってしまうのは、お茶の世界を理解出来ないからかな?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3714-a5104a42
この記事へのトラックバック