FC2ブログ

増田長盛・盛次親子の大阪の陣

2010年02月28日 00:07

268 名前:(1/2)[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 18:16:14 ID:LLCPYtkW
増田長盛の子に、兵大夫盛次という男がいた。
関が原後、処罰を受けた父とは異なり、徳川義直に召抱えられた。

さて、大坂冬の陣において、盛次は義直に従って出陣した。
しかし、旧主への想い捨てがたかったのだろうか。
大坂方が弱体だと聞けば涙を流し、寄せ手が苦戦していると聞けば大いに喜んだ。
これを聞きつけた徳川家康は、怒ることなく感心した。
「さすがは長盛の子よ。豊家の恩を忘れぬ志、見事じゃ」

こうしたことがあったからか、夏の陣ではお許しがあり、盛次は大坂方へ加勢した。
彼は豊臣秀頼から賜った赤地錦の羽織をつけ、若江の陣で味方が敗戦するなか、独り奮戦した。
そして、沢田但馬の従者と組討し、今にも止めを刺そうというところで、藤堂高虎配下の磯野平三郎に討取られた。
首を得たものの、平三郎らは盛次の顔を見知らなかった。
やがて、分捕りした刀が、秀吉から長盛への下賜品と分かり、正体も知れたということである。

269 名前:(2/2)[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 18:17:16 ID:LLCPYtkW
一方の増田長盛。
彼は関ヶ原の折の責を問われ、高力清長に預け置かれていた。
大坂の陣が起こると、清長は長盛へこう告げた。
「あなたは豊家の御恩深い身の上。秀頼様の行く末、さぞ気になるところでしょう。
 大御所様は、あなたが大坂へ入ることをお許しになりました」
盛次のことがあったゆえの沙汰だろうか。
だが、長盛は答えた。
「大御所のご配慮、まことにありがたく存じます。
 しかしながら、ハハハ、今のそれがしはこの通り落ちぶれ、家臣の一人もおりませぬ。
 大坂へ参り、新参の浪人の下知をしたとて、さしたる戦ぶりはお見せできますまい。
 かえって、それがしを重用してくだすった太閤殿下の名を汚すことになりかねず、それこそ無念。
 このまま、配所で生を終える所存です」

やがて、盛次が死に、豊臣家が滅亡したことを、長盛は清長から知らされた。
「この上は命を長らえる理由もない。どうか、お暇をいただきたい」
長盛はそう清長に請い、切腹したという。




270 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 18:19:15 ID:SlIwXkrV
でその時、増田盛次を大坂城に入れた責任を問われて、父親の増田長盛は処刑。

271 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 18:34:44 ID:OR1RbpWC
>>269>>270
なんという樅の木は残った。



関連
増田盛次の討死について、『元和先鋒録・附録』より
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3751.html
290 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:18:47 ID:xpGzFnng
>>269
何で増田には大坂に入れといいながら福島正則にはなぜ大坂入城を許さなかったのか。
福島の方が縁が深いのに。家康公は中途半端だな。

291 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:20:37 ID:M3FZUhWb
大名が入っちゃったら洒落にならんだろう

292 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:20:37 ID:Y/BCeDtZ
>>290
権現様「だってぶっちゃけいてもいなくても変わりないし……」

293 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 23:49:35 ID:xpGzFnng
そういえば福島正則は大坂の陣の逸話ここで紹介されてたな。
息子に宛てた大坂方につけともとれるしどっちかあいまいな手紙のやつ。
ああいう逸話から判断すると仮にお許しが出ても増田のように断りそうではある。

294 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:16:56 ID:Uf725zWJ
>>268
大坂の陣から2年経って盛次の乳母が磯野のところへ訪ねて来たんだよな
ここで初めて討たれたのが盛次だとわかった

ちなみに磯野平三郎は浅井の猛将磯野員昌の孫で、
関ヶ原の時には石田三成に仕えて最後の逃避行まで付き従った人物

295 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:29:40 ID:hg1y7Vf0
忠興の次男も大坂の陣で豊臣方についたんだよね
割とそういうの多かったのかな

296 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:32:45 ID:r06myp2g
>>294
その後子孫がおはぎ大食いで・・・


297 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 00:53:01 ID:vv4LoGax
>>296
藻屑自重

298 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 01:11:51 ID:YrRd+CxW

>>295
実は大坂方をひそかに支援して足り内通してた大名は結構いたらしい
と、南條範夫先生が言ってた

299 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/02/28(日) 02:49:14 ID:WtFyDSAe
>>295>>298
一番の有名どころは毛利輝元だよね。佐野道可の件とか
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    盛次の出奔て公認だったんですね。
    勝手に出てって敵対したから、父親の切腹だと思ってました。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この逸話は増田長盛カテゴリでいいのではないでしょうか?

  3. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    あらら、こちらのミスですね。直して置きますー。

  4. 2の七七四 | URL | -

    対応早っ!!!
    いつもお疲れ様です、ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3731-45030912
この記事へのトラックバック