FC2ブログ

戦国のライアーゲーム

2010年03月05日 00:04

942 名前:戦国のライアーゲーム 1/2[sage] 投稿日:2010/03/04(木) 07:29:22 ID:lqbrK2+A
天文の終わり頃、越後路で道を聞いて回る山伏に、老婆が声をかけた。
「昨日、お前様のように春日山への道を問うた人がおったが、この先でお侍に斬られてしもうた。
悪い事は言わん、戻ったほうがええ。」
「わしは、春日山の毘沙門天へ参詣せんと、願を立てて来たんだがのぅ…」

そこへ眼光鋭い騎馬の侍がやって来て、山伏に問い質した。
「御坊は武田の間者であろう?本当に参拝客ならば、毘沙門天への供物など持参しておろうが。
ここへ出してみよ!」
山伏は、懐から小粒金の入った袋を取り出して見せた。
「…なるほど、どうやら言っておる事は真実らしい。お詫びに、拙者が春日山まで案内しよう。」
山中の毘沙門堂に案内された山伏が、金を奉納すると侍は、
「遠方からの参詣ご苦労ゆえ、この城でも見物して帰りなされ。なに、わしについて来れば問題ない。」
と言って、城中くまなく山伏を案内した。

「いや、念願叶って満足にござる。あとは柿崎・鉢崎を回り、羽黒山に参詣せんと考えております。
引き続き、案内して下さらぬか?」と頼む山伏に侍は、
「越後は目の見えぬ者ばかりではござらぬぞ?化けるのも大概にされよ。」
と言い放って、山城に駆け戻った。

驚いた山伏が逃げ去ると案の定、数人の兵士が追いかけて来た。とっさに山伏は付近の畑に隠れ、
立っていた案山子から野良着と蓑笠を剥ぎ取って着替えると、山伏の装束は池に投げ捨て、小唄など
歌って平然と歩き出した。
兵士たちは山伏(?)の思惑通り、池の装束を見て山伏が逃げ損なって入水したと考えて去った。

943 名前:戦国のライアーゲーム 2/2[sage] 投稿日:2010/03/04(木) 07:30:05 ID:lqbrK2+A
「…という訳で、危ないところだったわい。」
居城に帰り着いた山伏こと戸石城主・真田幸隆は、側近にグチをこぼした。
「間諜のお勤め、大変にございましたな。ところで、殿あてに越後より書状と包みが届いておりますが…」
「越後より?どれどれ、誰からの書状じゃ……?」

“山伏の姿に似せてわが国への潜入、ご苦労にござった。こちらも、そちらに合わせて春日山に
似た山城をご案内させていただいた。毘沙門堂もニセモノなので、奉納された金はお返しいたす。

真田弾正忠幸隆どのへ  上杉弾正少弼輝虎より ”

「…!!おのれ…このままでは終わらんぞ……」

数日後、野尻の近くで幸隆あての輝虎の書状と、もう一通書状を持った斬殺死体が見つかった。
二通の書状は春日山に届けられ、輝虎は書状を読んだ。

“このような書状が届きましたが、幸隆は未だ戸石に戻りません。手筈通り、柿崎・与板などを探った後、
そちらで休息するものと思われますので、幸隆が参りましたら、この書状を渡して下さい。

宇佐美駿河守どのへ  真田家中より ”

「報告いたします!一週間経ちましたが、真田が宇佐美殿のもとへ来る様子はございません。」
「…そうか、ならば監視を解いて良いぞ。」
文箱から密書(?)を取り出した輝虎は、怒りに任せて偽手紙を引きちぎると、息も荒く吐き出した。
「この輝虎が、騙されて手足たる老臣を疑うとは…!
わしは弓矢を取っては真田ごときに劣りはせぬだろうが、智謀においては、かの者大いに恐るべし。
どんな手を使ってでも、彼奴は殺さねばならん!」




944 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/04(木) 08:12:32 ID:HncsLqlO
>>942-943
行動派の輝虎 vs 頭脳派の幸隆 って感じやね。

945 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/04(木) 09:09:34 ID:KqyCOCGT
謙信って怒らせやすいなw
怒りの矛先が謙信の家臣じゃなく自分に向いてくると、とんでもなくヤバい事になるけどね
幸隆が狡猾なのはそこだな

946 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/04(木) 09:18:54 ID:FvVmLSyM
山伏が持っていったのはおそらく甲州碁石金
真田はさりげなくスパイだとばれるようにして、謀略をしかけた。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3748-dd59e57b
    この記事へのトラックバック